スペインの1日の新規感染者数のグラフ

Science & Health

スペインでのコロナ対策・ロックダウンは本当に効果があったのか?

上の写真は、Worldometersより


みなさんこんにちわ。「ロックダウンの段階的な解除・スペイン・イタリア・フランス」の記事を受け、スペインでのコロナ感染の様子と対策についてまとめています。英文はWorld Economic Forum より引用しています。


 

今日のSentence

The Spanish government has enforced one of Europe’s strictest lockdown. Since restrictions began on 14 March, the country’s citizens have been forbidden from leaving their house unless it is to visit supermarkets, pharmacies or medical facilities or to walk the dog.But following a sustained decrease in the rate of new infections, those restrictions are starting to be eased.

Spanish children under 14 years of age have been confined indoors for the past six weeks, but as of Sunday 26 April they are now allowed outside for an hour each day, although parks and playgrounds remain closed. From next weekend, adults will also be allowed out to exercise or to go for a walk. And in a televised address to the nation last week, Prime Minister Pedro Sánchez announced that the gradual lifting of other restrictions would begin in the second half of May, assuming the rates of infection continue to decline – but “de-escalation would be slow”, he said.

Spain’s schools are not expected to reopen until September.

記事によりますと

スペインの厳しいロックダウン・ほとんど家に閉じこもり

スペインのロックダウンは3月14日から始まった

ロックダウン中は、スペイン国民は、スーパーマーケット(supermarket)薬局(pharmacy)医療機関(medical facility)犬の散歩(walk the dog)以外は、家から外に出ることは禁止された。

この甲斐あってか、新規感染(new infections)持続的な減少(sustained decrease)がみられたので、徐々に制限が解かれる(lift)予定である。

子供たちへの行動制限は?

子供ももちろん、6週間の間家の中に閉じ込められていた。しかし4月26日からは、14歳未満の子供は、毎日1時間だけ外に出ることが許されるようになった。

しかし、まだ公園やグランドは閉鎖されたままである。

来週からは、大人も運動や散歩のために外に出ることが許される予定。

先週のペドロ・サンチェス(Pedro Sánchez)首相の演説では、5月後半よりロックダウンの段階的な解除(gradual lifting)が始まるとのこと。感染が減り続けているという想定ではあるが、減り方が少ないことが心配である。

学校は、9月まで休校の予定である。

ペドロ・サンチェス首相/ Marta Jara / eldiario.es – Pedro Sánchez se impone al PSOE del pasado

 

ロックダウンは本当に感染予防になったのか?

ゆるい規制の日本と厳しい規制のスペインとの比較

上の記事を見てみるとスペインのロックダウンと日本の緊急事態宣言による行動制限とでは、その厳しさが違うようです。

日本でも緊急事態宣言が4月7日から7都府県に、17日からは全国へ向けて出されています。学校は休校ですが、外出自粛は国民の判断に委ねられていて、通勤や運動のための外出はできます。

 

では、緩い規制の日本と、厳しい規制のスペインの感染の様子を比べてみましょう。

比較的緩い規制の日本(4月28日)

Confirmed:(累計感染者数):13,614人

Deaths:(死亡者数): 385人 

Recovered:(回復した人):1,899人

Active:(現在も症状のある人):11,330人

 

厳しいロックダウンを3月14日から行っているスペイン(4月28日)

Confirmed:(累計感染者数):229,422人、

Deaths:(死亡者数):23,521人

Recovered:(回復した人): 120,832人

Active:(現在も症状のある人): 85,069人

(※いずれも4月28日のJohns Hopkins coronavirus Resource Center の資料より)

とこれまでのところ、ゆるい規制の日本のほうが、スペインよりも感染者数や死亡者数が圧倒的に少ないことがわかります。(スペインの感染者数は日本の約17倍、死亡者数は約61倍)

 

3月14日からのロックダウン以降のスペインの感染の広がりは?

ここに3月14日にスペイン大使館が出しているスペインの感染者数、死亡者数の資料があります。

3月14日、14時30分のスペイン政府の発表によれば、スペイン全土の感染者数は累計で5,753人(死亡136人)。本日の感染者数の増加は1,544名・・・

スペイン大使館より「スペインにおける新型コロナウイルスの発生状況について」(3 月 14 日)

と、あるように3月14日、ロックダウンを始めた時のスペインの感染者数は5,753人(死亡136人)でした。

では、ロックダウン後のスペインの感染の伸びを見るために、日本経済新聞が出した各国の累積患者数のグラフを見てみましょう。

日本経済新聞 チャートで見る世界の感染状況 新型コロナウイルス

日本経済新聞 チャートで見る世界の感染状況 新型コロナウイルス

 

日本経済新聞のグラフで分かるように、スペインではロックダウン(3月14日)後、累積感染者数が10,000人台へと急激に増え、4月に入ってからは、10万人台になっています。スペインでは、ほとんど外出が許されないロックダウンをしても感染者数は急激に伸びているのがわかります。

こちらのグラフは、スペインの1日の新感染者のグラフですが、ロックダウンの3月14日以降にの感染者が増えていることがわかります。ロックダウンの効果は本当に疑わしいです。

ちなみに、スペインのロックダウン時の感染者数は、日本の4月11日の感染者数5,902人、4月14日の死亡者132人(東洋経済オンライン版)とほぼ一緒になります。

スペインの一日の死亡者数グラフ

感染症を封じ込めるためのヨーロッパのロックダウンは、初めての試みで実験的な要素もあったようですが、上の数字を見るとロックダウンは感染予防に本当に効果があったのか疑問に思います。

今後、各国の政策と感染拡大を比較して、どの国の方法が良かったのかの研究を世界でぜひ行ってほしいです。そして、その結果を私たちに示してほしいと思います。

コロナよりも怖い?失業や生活の破綻

スペイン・バルセロナで暮らす戸城紀子さんが、スペインの生活の様子を Huff Post に投稿しているのでこちらもご覧ください。

90万人が失業したスペイン。収入ゼロになった女性は、不安とどう闘っているのか【新型コロナウイルス】

 

感染者が世界で2番目に多いスペインでは、3月14日に政府が都市封鎖して外出禁止にした後、約90万人が失業したそうです。

コロナの規制による副作用も恐ろしいものです。

みなさんも、どうぞ感染に気を付けてお体を大切になさってください。いろいろと自由が利かないご時世ですが、知恵と工夫でみなさまが少しでも楽しく過ごせますように。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  2. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  3. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
  4. US西海岸の深刻な山火事の原因は?
  5. 西海岸・山火事・同時に多発し消火困難
  6. 大坂なおみ選手・全米オープンで優勝
  7. コロナ現場で働く人・世界で少なくとも7000人死亡
  8. モンゴル自治区で中国語での授業にボイコット
  9. 死んだと誤診された女性「実は生きていた!」葬儀屋が発見
  10. clothとclothesの違い
PAGE TOP