ワクチンを打っている写真にExperts Warn of China’s Emergency Use of COVID-19 Vaccineの印字

Asia

中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取

みなさんこんにちわ。「英語ニュースを読もう!」です。今日も世界のニュースを英語で読んで、英語の勉強をいっしょにがんばっていきましょう🎵🐷

今日は新型コロナワクチンの話です。September 28, 2020のVOA NEWSより取り上げました。さっそく英文を見てみましょう。

Experts Warn of China’s Emergency Use of COVID-19 Vaccine

専門家は、中国の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を警告する

今日の英語ニュース

China in recent months has been injecting hundreds of thousands of people with three preliminary coronavirus vaccines that are being tested for safety and efficacy.

While the world awaits a proven drug to fight the pandemic, at least three vaccine candidates have been given to front-line medical professionals, staff of state-owned companies, and government officials since July under an emergency use program approved by Beijing.

Vocabulary

inject:注射する

hundreds of thousands of~:数十万の~

preliminary:【prɪlímənèri】:【形容詞】準備の・前段階の / 【名詞】準備

efficacy:【éfɪkəsi】:効果

await:【əwéɪt】:待つ・待ち構えている

proven drug:実績のある薬

front-line:最前線・第一線

professional:【名詞】専門家 / 【形容詞】専門家の

state-owned company:国営企業

government official:政府官僚

英語ニュースを訳してみましょう

China in recent months has been injecting hundreds of thousands of people with three preliminary coronavirus vaccines that are being tested for safety and efficacy.

【英文訳】

中国は、ここ数か月で数十万人に準備段階のコロナウイルスワクチン3種を接種している。そのワクチンは、安全性と効果についての試験が行われている途中である。


While the world awaits a proven drug to fight the pandemic, at least three vaccine candidates have been given to front-line medical professionals, staff of state-owned companies, and government officials since July under an emergency use program approved by Beijing.

【英文訳】

世界がパンデミックと戦える実績のある薬を待ち望んでいるなか、中国政府が緊急事態下での使用を承認している少なくとも3種のワクチンが、最先端医療の専門家、国営企業の従業員、政府官僚に7月から摂取されてきた。

中国では、すでに数十万人に新型コロナワクチンが打たれている

中国で、少なくとも3種のワクチンが、数十万人に打たれて(inject)いる。

国営の中国医薬集団(Sinopharm・シノファーム)の子会社(subsidiary)ある中国生物技術(ChinaNational Biotec Group(CNBG))は、約35万人に2つの実験的ワクチンを投与したと発表した。

また、武漢で臨床試験(clinical trial)中のワクチンも20万人に摂取した。

 

別の会社である北京科兴生物制品有限公司(Sinovac Biotech・シノバック・バイオテク) は、会社の従業員と家族の90%にあたる3,000人にワクチンを接種した。

その他にも、軍から支援を受けている康希諾生物(CanSinoBiologics)に対して、中国政府は、試験段階のワクチン(experimental vaccine)を軍関係者に行うことを許可した。

普通ならば、ワクチンの使用については、数年にも及ぶ検査や試験が必要であるが、中国では、今回のように緊急事態の時は、政府がワクチンを打ってもいいと許可が出せるようになっている。

専門家は、急いでワクチンを開発するとリスクが高まり、長期的にワクチン接種の努力が損​​なわれる可能性があると懸念している。急いでワクチンを作って、ワクチンへの信頼性がなくなり、人々がワクチンを接種する事をためらえば、急いでワクチンを作ることが裏目にでる(backfire)こともある。

そう言えば

世界中でしのぎを削ってワクチン開発が行われているようです。

記事にあったように、開発を急いでいるようだし、個人的にはコロナワクチンができてもあまり打ちたくないと思っています。

でも、ワクチンに対して懐疑的な人が多いと感染症が流行するという話は、英語ニュースでも聞きます。コロナワクチン接種について、自分はどうするのか迷うところです。

今日も「英語ニュースを読もう!」をお読みくださりありがとうございました。
一緒に英語の勉強頑張りましょう。

 



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 2020年度 第2回 英検準2級 訳と解説②
  2. 2020年度 第2回 英検準2級 訳と解説①
  3. アマビエの絵馬で疫病退散!春日大社
  4. ノーベル化学賞・2人の女性ゲノム編成で
  5. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  6. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  7. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  8. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  9. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  10. マスクの専門店・八重洲にオープン
PAGE TOP