富士山と新幹線の写真の上にNew bullet train project hits the buffersの印字

Japan

リニア新幹線は本当に走るのか?

リニア新幹線は、品川~名古屋を40分で走り2027年に開通予定だそうです。しかし、本当に予定通りに開通するのでしょうか?

今日は、NHK WORLD JAPAN から取り上げました。

New bullet train project hits the buffers

『新しい新幹線計画は、失敗に終わる』

2020.8.18

 

When it enters service, the Maglev Chuo Shinkansen will be the world’s fastest bullet train. A test run in 2015 already set a world record by clocking 603 kilometers per hour.

The new bullet train will travel from Shinagawa Station in Tokyo to Nagoya Station in Aichi Prefecture in just 40 minutes, slashing 50 minutes from the current journey time.

But there’s an obstacle. Shizuoka Prefecture hasn’t given permission for a nine-kilometer section of tunnel to be built there.

The Oigawa River running through the prefecture has its source in the Southern Alps. A study found that building the tunnel will cause groundwater flowing into the river to leak into the tunnel, reducing the size of the stream. That worries municipalities in Shizuoka.

■今日の英語ニュースの訳

 実際に運行されたならば、リニア中央新幹線は世界で最も早い高速電車になる。2015年のテスト走行ではすでに、時速603kmを測定し世界記録を樹立した。
新しい新幹線は、東京の品川駅から愛知県の名古屋駅を現在の時間から50分短縮し、ちょうど40分で行く。
しかし、障害がひとつある。静岡県は、9キロメートルのトンネル建設の許可を出していない。
静岡県を流れる大井川は、南アルプスを源にしている。トンネル建設で、大井川に流れる地下水がトンネルに漏れてしまい、大井川の流量を減らすことが、ある調査でわかった。このことで、静岡県の地方自治体は懸念を抱いている。

【文法解説】

「名詞~ing」で、「~している名詞」の意味です。

The Oigawa River running through the prefecture
その県を流れている大井川

groundwater flowing into the river
その川に流れている地下水

名詞~ingはこちらで詳しく

 

slashingreducing分詞構文です。

slashing 50 minutes from the current journey time.
現在の所要時間から50分短縮しながら

reducing the size of the stream.
その流れの量を減らしながら

分詞構文の詳しい説明はこちらで

 

Vocabulary

bullet train:新幹線・弾丸列車・高速鉄道

clock:【動詞】時間を測る・測定する・記録する 【名詞】時計

slash:【slˈæʃ】(スッシュ):削除する・(…に)大改訂を加える

the Oigawa River大井川(静岡県を流れる一級河川)

大井川

歌川広重の『駿遠大井川』

leak:漏れる

municipality:地方自治体

記事によりますと

リニア中央新幹線とは

東京、名古屋、大阪の3大都市(megacities)を結ぶリニア中央新幹線は、2027年にサービス開始を計画している。

リニア中央新幹線は、超電導磁石(superconducting magnets)を使用して、列車を約10センチ浮上させて(levitate) 走る。リニア新幹線は、品川~名古屋を、現在の所要時間から50分短縮し、わずか40分で行く。

リニア中央新幹線の品川~名古屋の開通は2027年の予定。品川~大阪の全ルートのサービス開始は2037年予定である。

また、リニア中央新幹線は東海道新幹線が災害で通過できないときの代わりの(alternative) 路線としても活用も検討している。

たが、そのリニア中央新幹線計画の実効性が危ぶまれている。

 

リニア中央新幹線で大井川の水量が減る可能性

品川と名古屋の間のルートは、可能な限りカーブのないルートであり、東京、神奈川、山梨、静岡、長野、岐阜、愛知の7つの県を通過予定。

そのうち静岡県は、リニア中央新幹線のトンネル9 kmの建設を許可していない。

というのも、静岡県を流れる大井川が、リニア新幹線のトンネル建設で、川に流れ込んでいる地下水がトンネルに漏れ、大井川の流量を減らすことが調査でわかったからである。

そのため、静岡県の川勝平太知事は、リニア中央新幹線建設が、県民の生活の水に影響を与えうるとして、トンネルのルート変更を望んでいる。

 

コロナで経済的効果にも疑問

リニア新幹線の全予算は約850億ドル(約8.5兆円)で、金額の約3分の1は、財政投融資を活用して政府が資金提供を行った(funded)

2027年に運用が開始されるならば、経済効果は50年間で全国的に1,050億ドル(約10.5兆円)に相当するとの試算もある。しかし、コロナ禍によりビジネススタイルは変わりつつある。

コロナの影響で、企業はリモートで会議を行うことが多くなり、ビジネスマンたちの出張、新幹線利用が、以前より減ることも考えられる。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 2020年度 第2回 英検準2級 訳と解説②
  2. 2020年度 第2回 英検準2級 訳と解説①
  3. アマビエの絵馬で疫病退散!春日大社
  4. ノーベル化学賞・2人の女性ゲノム編成で
  5. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  6. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  7. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  8. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  9. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  10. マスクの専門店・八重洲にオープン
PAGE TOP