アボリジニの男性とオーストラリアとアボジリニの国旗の画像

Asia

アボリジニへの警察の横暴|オーストラリア②

今日は、先日の「アボリジニへの警察の横暴|オーストラリア」の続きです。

白人警察による黒人への暴力に対する抗議が、”Black Lives Matter” として、世界にひろがっています。

BBCでは、オーストラリア先住民に対する警察の過剰逮捕、先住民の歴史的背景や現状などがとりあげられています。

この記事は、長いので、数回にわたって紹介したいと思います。

16 July 2020 BBC NEWS より

Aboriginal Australians ‘still suffering effects of colonial past’

『オーストラリアの先住民はまだ過去の植民地の影響で苦しんでいる』

 

今日の英語ニュース

While indigenous Australians make up less than 3% of the population, they represent more than a quarter of adult prisoners.
More than half the children sentenced to juvenile detention in Australia are Aboriginal.And an indigenous teenage boy is more likely to go to jail than to university.
“The over-incarceration of Aboriginal and Torres Strait Islander people today is a direct legacy of colonisation in Australia,” says Roxanne Moore, executive officer for the National Aboriginal and Torres Strait Islander Legal Services.
Massacres and the jailing of indigenous Australians enabled British settlement here from the late 18th Century.
Police played a big part in forcing people off their land.

【英文訳】

先住民は、オーストラリア人口の3%未満を成しているが、囚人の4分の1以上を占めている。オーストラリアの少年拘置所の半数以上はアボジリニである。そして、先住民の10代の少年は、大学に行くよりもより多く刑務所に行く。

「オーストラリア先住民とトレス海峡諸島民の今日の過剰な投獄は、オーストラリア植民地時代から引き継がれている。」とナショナル・アボリジニ・トレス海峡諸島民法律サービスの役員であるロクサーヌ・ムーア氏は言う。18世紀後半からのイギリス人のオーストラリア入植は、オーストラリア先住民の大量虐殺と投獄で可能となった。先住民の土地から先住民を追い出すのに警察は大きな役割を果たした。

Vocabulary

indigenous:生まれながらの・原産の

represent:表す・代表する

juvenile :【dʒúːvənὰɪl】(ュビナイル):少年の・若い・子供の

detention:【dɪténʃən】(ディンション):拘留・留置・拘禁

Aboriginal:【abəˈrɪdʒɪn(ə)l】(アボジリナル)【形容詞】:オーストラリア原住民の・初めからある地域に住んでいる人々の

aborigine:【æbərídʒənìː】(アボジリニ):オーストラリアの先住民、アボリジニー・原住民
オーストラリア大陸やその周辺の島々にもともと住んでいた人たち。5万年以上前からオーストラリアにいたとされる。地域や部族により異なる言語、文化、生活習慣を持っている。文字文化を持たない、狩猟民族であった。18世紀後半からイギリス人がオーストラリアに定住するとともに、アボジリニの人々に対する虐殺や投獄が行われた。1970年代までアボリジニの子供たちが白人に同化させるような施策がとられていた。

National Aboriginal and Torres Strait Islander Legal Servicesアボジリニと諸島の人たちの権利を守るために法的な助言・支援・教育・擁護・法律改革活動などを、40年以上行っている法律問題の専門組織。

incarceration:【ɪnkὰɚsəréɪʃən】(インカーレイション)投獄・監禁

Torres Strait Islander:トレス海峡諸島民(普通は、オーストラリア大陸に住んでいるアボリジニとは区別される)

Torres Strait Islanderの地図

https://www.generic-mapping-tools.org/

 

colonisation:【kὰlənɪzéɪʃən】(カラニイション):植民地化・入植

massacre:【mˈæsəkɚ】(サカ):大虐殺・皆殺し

jail:【dʒéɪl】(ェイル):投獄する・拘置する

enable:【ɪnéɪbl】(インイブル):可能にさせる・できるようにする・資格を与える

settlement:植民・定住・植民地

今でも先住民が警察に不当に扱われている

18世紀後半からイギリス人がオーストラリアに定住する(settle)し、もともとオーストラリアに住んでいた人たち(indigenous Australians)  、すなわちアボジリニ(aborigine)トレス海峡諸島民(Torres Strait Islander)を、イギリス人は大量に殺害し(massacre) 、投獄し(incarceration)てきました。その時、警察は先住民の投獄に大きな役目を果たしていましたが、未だにその名残は続いていると言います。

BBCの記事では、33歳のアボリジニのキーナン氏を紹介しています。

キーナン氏は、現在父親であり、アボリジニの若者を刑務所から遠ざける活動をしています。

オーストラリアでのアボリジニたちの現状

アボリジニのキーナン氏は、「青い制服が私たちの場所に入ってくるのは、愛する人を連れ去るときだけです。」と言い、警官に会う時の気持ちは恐怖!(Fear!)」でしかないと言います。彼の友達は、警察に捕まえられ殺されてもいます。キーナン氏は、6歳の時、父親が自殺 (suicide)、母親が薬物中毒(drug overdose)のために、施設に引き取られました。14歳までに、彼は盗難のために少年拘留(juvenile detention)され、麻薬(drugs )にも関わり、次の15年間のほとんどを刑務所で過ごしました。

キーナン氏は、司法制度は若いアボリジニの人々を不当に標的にしていると言います。

現在、父親となっているキーナン氏は「自分の子供たちが私と同じ立場に置かれ、警察に逮捕され刑務所に入れられるのを心配している。」と言います。

オーストラリアの先住民の現状は、人口の3%未満。しかし、成人囚人の4分の1以上が先住民。少年拘置所の半分以上はアボジリニの子供。アボジリニの子供は、大学へ行くよりも刑務所に行く確率が高い。ということが記事に載っています。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  2. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  3. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
  4. US西海岸の深刻な山火事の原因は?
  5. 西海岸・山火事・同時に多発し消火困難
  6. 大坂なおみ選手・全米オープンで優勝
  7. コロナ現場で働く人・世界で少なくとも7000人死亡
  8. モンゴル自治区で中国語での授業にボイコット
  9. 死んだと誤診された女性「実は生きていた!」葬儀屋が発見
  10. clothとclothesの違い
PAGE TOP