脳梗塞が疑わる若い男性の画像

ニュース記事

コロナと脳梗塞の関係【ワシングトンポストから】

新型コロナウイルスによって、若い人たちが脳梗塞にかかっているというニュースがワシングトンポストに載っていました。新型コロナウイルスと脳梗塞とは関係があるのでしょうか?私たちが気を付けるべきことは、何でしょうか?

2020年4月25日のWashington Post に載っていた記事をまとめてみました。関連する英単語を載せていますので、参考にしてください。

Young and middle-aged people, barely sick with covid-19, are dying of strokes

『若い人、中年の人で、コロナの症状が軽い人が、脳梗塞で死んでいる』

 



新型コロナウイルス感染者最多のニューヨークで起きていること

ニューヨークで脳血栓が2倍に

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により脳梗塞が起こることが、ニューヨークで報告されています。

ニューヨークで最も大きな医療機関であるマウント・シンナイ(Mount Sinai)病院の内科医Mocco氏によると、COVID-19が流行しているこの3週間で、脳血栓で運ばれてきた人数が32件以上と普段の2倍になっているそうです。そして、その多くがCOVID-19の陽性者でした。

ニューヨークで家庭死が通常の4倍に

新型コロナウイルス感染症がニューヨークで流行している現在、通常より4倍の人が自宅から救急車で運ばれて病院で亡くなっているそうです。突然の脳梗塞が死亡原因だと多くの医師は感じています。

しかし、解剖(autopsies)はほとんど行われないので、突然脳梗塞に襲われて自宅で亡くなった人が新型コロナウイルスに感染していたかはわからない場合が多いと言います。



ニューヨークでコロナで脳梗塞が若い世代に

神経科医(neurologist)であるトーマス・オックスリー (Thomas Oxley)医師によると、マンハッタンにあるマウント・サイナイ病院(Mount Sinai Beth Israel Hospital)に若い新型コロナウイルス陽性者が脳梗塞になった事例が5件あったと言います。

その一人の44歳の男性のケースを紹介しますと、

男性には既往歴はなく、ニューヨークのロックダウン中に、家の中でいつも通りに過ごしていました。すると、急に体の右側が動かしにくく、口も動かず話せないなどの症状が出ました。緊急でマウント・サイナイ病院に運ばれ、左側の脳梗塞(blockage )新型コロナウイルス感染症の陽性(covid-19 positive)が発覚しました。

脳梗塞・ニューヨークの病院の5ケースの経過

ニューヨークのマウント・サイナイ(Mount Sinai)病院では、以下の5ケースの脳梗塞を発表しています。

33歳 COVID19陽性 脳梗塞

37歳 COVID19陽性 脳梗塞

39歳 COVID19陽性 脳梗塞

44歳 COVID19陽性 脳梗塞

49歳 COVID19陽性 脳梗塞

全員、家に居る時に

ろれるがまわらない(slurred speech)

混乱(confusion)

顔の片側のゆるみ (drooping on one side of the face)

片側の手の麻痺(numb)

などの突然の症状に襲われたとのことです。

全員の経過

死亡=1人

入院中(hospitalaized)=2名 うち1人はリハビリを開始。

退院=1人

 

経過良好だったケースでは

33歳の女性の経過が詳しく書かれていました。

この女性に既往歴はなく、1週間前から頭痛と咳があったそうです。28時間の間に(Over the course of 28 hours)、彼女は左側に麻痺(numb)があり、ろれつが回らなくなり(slurred speech)ました。

病院に到着後のCT検査で、脳内に2つの血栓と、肺に「すりガラス状の影」(”ground glass”)を発見されました。肺の不透明なCT像「すりガラス状の影」はCOVID-19の典型的な兆候(hallmarkです。

彼女は、血栓を取り除く治療を施され、10日後に退院できるほど回復しました。

 



新型コロナウイルスと血栓の関係

新型コロナウイルスは、基本的に肺(lung)を攻撃すると思われてましたが、ほとんどすべての器官を攻撃しうる恐ろしい(formidable)ウイルスであることが、最近分かってきたとWashington Post は報じています。

新型コロナウイルス感染症による脳梗塞の病理的特徴

普通の脳梗塞は高齢者、新型コロナウイルスの脳梗塞は若者

ニューヨーク大学の神経学(neuroradiology )の教授Jabbour 氏と助教授のEytan Raz氏は、新型コロナウイルス感染症は、脳梗塞についての従来の常識をくつがえしているといいます。

普通、脳梗塞は高齢者が多いのですが、新型コロナウイルス感染の脳梗塞の場合は、50代、40代、30代で致死的な脳梗塞をおこすということです。普通ならその年齢で脳梗塞はほとんど起こらず、大きな血管に閉塞が起こるのは、一般的には若くても60歳からだと助教授のEytan Raz氏は言います。

COVID-19で脳梗塞になった人は、COVID-19にかかってなくて脳梗塞になった人よりも、平均して15歳も若いという統計も出ています。また、COVID-19で脳梗塞になった人にはもともと既往歴はありませんでした。

 

新型コロナウイルス感染症による脳梗塞は静脈でも起こる

Jabbour 教授は、普通の脳梗塞は動脈(arteries)で起こるものだが、COVID-19による脳血栓は、静脈(veins)でも起こっている特徴的があると言います。

新型コロナウイルス感染症による脳梗塞は複数個所で起きる

また、患者の中には、脳に大きな血栓が1個以上できていて、これは通常ではあまり見られません。

新型コロナウイルスと脳腫冠動脈閉塞

血液の供給(blood supply)を突然妨げる梗塞は、 様々な問題を引き起こします。小さな血栓ならば24時間以内に取り除けば、後遺症は残りませんが、大きな血栓ならば、致命的(catastrophic)になる可能性があります。

新型コロナウイルス感染症の患者の脳梗塞は、脳主幹動脈閉塞(large vessel occlusionsまたはLVOs)という閉塞が多いとのことです。脳主幹動脈閉塞とは脳に酸素や栄養を送っている太い血管が詰まり、脳の主要な部分への血液供給ができなくなり脳の広範囲を壊死させうる致命的なものです。

新型コロナウイルスによる脳梗塞は全身にできた血栓が原因か?

Washington Post によると、多くの研究者たちは、新型コロナウイルス患者の脳梗塞は、全身にできた血栓に由来するものと推測しているとのことです。

血管の壁にできた血栓は、血液の流れに乗って肺にたどり着き、肺塞栓(pulmonary embolism)を引き起こし呼吸停止(arrests breathing )を引き起こします。心臓の近くにできた血栓(Clots )は心筋梗塞を起こし、脳へ運ばれた血栓は脳梗塞(stroke)を引き起こします。肺梗塞が起きる機序を表したイラスト図



血管への攻撃はウイルスなのか免疫システムなのかは未だわからず

新型コロナウイルスの患者にできる血栓は、新型コロナウイルスが直接血管を攻撃したからなのか、それとも新型コロナウイルス感染者の免疫システムが血管を攻撃してしまったのか (“friendly-fire problem”)は、今のところ分かっていないとのことです。

コロナで脳梗塞の事例を発表予定

その他、アメリカの主要な病院では、コロナウイルスに感染している30代、40代の脳梗塞の事例が報告されているとのことです。

アメリカの主要医療機関は、新型コロナウイルスが脳梗塞を起こした事例をもとに、新型コロナウイルスが体の中でどのように行動するかの考察を公表する予定だそうです。

また、マウント・サイナイ(Mount Sinai)病院は、この5ケースを、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(New England Journal of Medicine )に報告する予定とのことです。



武漢でも脳梗塞の事例

武漢(Wuhan)でも、新型コロナウイルス感染症で入院中の患者が脳梗塞になったという報告があるそうです。(※Sherry H-Y Chou, a University of Pittsburgh Medical Center neurologist and critical care doctor)

 

脳梗塞の症状が出たら、急いで救急車で病院に

Oxley氏は、「脳血栓を取り除く確実な方法はあり、脳血栓は治療可能な病気であることを忘れないでほしい。早期治療が肝心になる。理想的には6時間以内に、遅くても24時間以内には治療を始めなけばならない。要するに、脳梗塞の症状が現れたら、すぐに救急車(ambulance )を呼ばなくてはいけない。」と注意を喚起しているそうです。

 

日本でも

今後、日本で大規模な大2波の流行があるかもしれません。コロナは若い人たちには軽症であると一般に言われていますが、若い人でもコロナで突然血管が詰まることがあると知っておく必要があります。「ろれつがまわらない」「ふらふらする」など、いつもと違う様子が出たら、すぐ救急車を呼ぶことが大事です。

みなさん、どうぞご自愛なさってください。





本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. トランプWHOを脱退・批判の声【英語ニュースから】
  2. トランプWHOを脱退
  3. アメリカの感染が止まらない!1日で5万人・特に南部で激しく
  4. ネイティブ講師・しかも格安のオンライン英会話見つけました!
  5. コロナから芸術守る・20億円の援助|イギリス
  6. diedとdeadの違い
  7. 球磨川氾濫・熊本豪雨【英語で読もう】
  8. 東京の感染者数124人・日本も感染爆発か?
  9. 日本経済のコロナによる打撃【Tankanより】
  10. 香港の活動グループ解散する
PAGE TOP