フランスの新型コロナウイルスの新規感染者数のグラフ

Science & Health

ロックダウン段階的に解除・フランス

フランス・ロックダウン解除・5月11日から

上の写真は、Worldometersより


みなさんこんにちわ。「ロックダウンの段階的な解除・スペイン・イタリア・フランス」の記事を受け、フランスでのコロナ感染の様子と対策についてまとめています。英文はWorld Economic Forum より引用しています。

今日のSentence

On Tuesday 28 April, the French Prime Minister, Edouard Philippe, will announce the government’s plans to ease the country out of its lockdown. It seems timely; according to a recent poll, support for the lockdown among French citizens is now below 50%.

Vocabulary

Edouard Philippe:エドゥアール・フィリップ=フランスの首相(フランスには大統領と首相がいる。主に首相が内政を大統領が外交政策を担当する。)

Prime Minister, Edouard Philippe

Prime Minister, Edouard Philippe/Jacques Paquier –

ease:(人・心を)楽にする安心させる・〈苦痛心痛緊張などを〉やわらげる軽くする緩和する.

out of:…の中から外へ、…の外へ、の中から、…の範囲外に

poll:【poul 】 (ポウル):世論調査

Sentenceを分解して訳してみましょう

On Tuesday 28 April,

the French Prime Minister, Edouard Philippe,

will announce the government’s plans

to ease the country out of its lockdown.

その国をロックダウンの苦痛から緩和する

It seems timely;according to a recent poll,

それは、ちょうどいい気時期である なぜなら 最近の世論調査によると

support for the lockdown among French citizens

フランス国民の中でのロックダウンの支持者

is now below 50%.

は50%よりひくい

On Tuesday 28 April, the French Prime Minister, Edouard Philippe, will announce the government’s plans to ease the country out of its lockdown. It seems timely; according to a recent poll, support for the lockdown among French citizens is now below 50%.

英文訳

4月28日に、フランスのエドゥアール・フィリップ首相は、政府のロックダウンの緩和計画について発表するだろう。これはいい時期のように思える。なぜなら、最近の世論調査ではフランスの国民の間ではロックダウンの支持者は今や50%より低いからである。

※この文章には、セミコロンがついています。セミコロンには、接続詞の代わりとしてand や because と同じような意味で使われることもあります。ここでは、「なぜなら」と訳してみました。

記事によりますと

フランスは3月17日からロックダウン

フランスは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の拡大を受け、3月17日よりロックダウンを行った。

フランスの新型コロナウイルスの新規感染者数のグラフ

 

現在はスペイン・イタリアなどと同様、ロックダウン解除に向けて準備を始めている。

5月11日からロックダウンは段階的に解除される。

5月11日から解除されるものは

学校の再開(reopening schools)

会社の再開(companies returning to work)

公共交通機関の通常運行(public transport back to normal)

などがある。

フランスのロックダウン解除後の政策は

また、エドゥアール・フィリップ首相は、マスクと消毒薬(sanitiser)の供給につとめることや、コロナウイルスの検査を積極的に行う姿勢(testing policy)などについても言及した。《French 24 より》

また5月11日に、フランス国内の移動制限についても解除される。

マクロン大統領の演説・学校や保育園は

マクロン大統領は、学校と保育園(crèches)は、5月11日から徐々に再開するとテレビ演説(televised address)で述べた。

子供を学校に行かせるのが不安な親に対して、登校は強制ではないことも伝えた。

ロックダウン解除後も感染の再燃に備え医療の充実を

世界経済フォーラム(World Economic Forum)のヘルスケア部のWorld Economic Forum氏は、「ヨーロッパの国々が制限を解除しているが、それにはCOVID-19の数が対応可能な程度に減っていることが必要だ。感染が再燃して流行が再度起きても、十分に(sufficient) COVID-19に対応できる医療のキャパシティーと、COVID-19以外の病気の人も見ることができるほどの医療の力があることが必要。」と言う。

その他ロックダウン解除後に必要なこと

高齢者施設や人口密度が高い場所は、感染の勃発(outbreaks)を最小限にするように、観察し続けなければならない。

感染検査の数を増やすことと、接触追跡(contact tracing)を行うこが感染を少なくする。

ソーシャルディスタンスとリモートワーク(remote working)が感染を少なくする。

そう言えば

フランスも、スペイン、イタリア同様、新型コロナウイルスCOVID-19の感染者数や死亡者数が多いですね。

ここでも、ロックダウンを始めて感染者数や死亡者数が増えているのがグラフではっきりわかります。

フランスの1日の新型コロナウイルス感染症での死亡者数のグラフ

 

完全にロックダウンが失敗だったと言わざるを得ません。

多分、ヨーロッパ指導者もロックダウンに効果がないと悟り、今度はロックダウンを解除する方向にかじを切ったのだと思います。

日本の感染者数、『今日の東京の新規感染者は47人』とかなんとかテレビで言ってました。これは、今ロックダウンを解除しようとしているイタリアやフランスの数とは、桁違いに低い数字です。

フランスでは、4月28日の1日の新型コロナウイルス感染での死亡者は、367人

4月28日の新規感染者数は2,638人でした。(いずれもworldomerter)

 

日本では、4月28日の1日の新型コロナウイルス感染での死亡者は、25人

4月28日の新規の感染者数は190人でした。(いずれも東洋経済)

 

フランスがこの数字でロックダウン解除を計画しているときに、日本は、「密はダメ」だと厳しく言ったり、「学校を9月初めにしてはどうか」などと、言っていますが、なんか変だと思いませんか?

国民の行動制限を緩める方向にかじを切ったヨーロッパと、コロナ感染を国民の行動規制でとことん封じ込めようとしている日本。

どちらが、どうなっていくのか、今後の双方の感染の変化を、じっくり見てみたいと思います。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  2. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  3. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  4. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  5. マスクの専門店・八重洲にオープン
  6. 塩害に強いイネの品種を開発
  7. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  8. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  9. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
  10. US西海岸の深刻な山火事の原因は?
PAGE TOP