コロナ感染予防のためにマスクをつけている男性

Europe

ゆるいスウェーデンのコロナ対策・死者1,200人越え

Critics question Swedish approach as coronavirus death toll reaches 1,000

『コロナでの死者が1000人になり、スウェーデンの施策が疑問視される』

 

新型コロナウイルスで世界中が大変なことになっています。各国の新型コロナウイルス感染症の発生状況もまちまちですが、コロナ対策も世界各国それぞれに違うようです。

今日は、緩い規制で新型コロナウイルスの感染を乗り切ろうとしているスウェーデンのお話です。

では、さっそく記事を見てみましょう。

2020 Apr.15 The Guardian より

今日のSentence

Sweden has passed the grim milestone of 1,200 coronavirus deaths, far exceeding the tolls of its nearest neighbours, but suggested it may be nearing the outbreak’s peak as scientists continue to question the government’s light-touch approach.

The Public Health Agency announced a death toll of 1,203 people from Covid-19 on Wednesday, a rate of 118 per million inhabitants, compared with 55 in Denmark and just 13 in Finland, both of which imposed strict early lockdowns to curb the virus’s spread.

Sweden’s per-million tally is also significantly higher than the 42 recorded in Germany – but remains lower than the UK’s rate of 182 (as of Tuesday) and far below Italy’s 349 and Spain’s 399.

Vocabulary

grim:【grím】:(リム):いかめしい・怖い・恐ろしい・冷酷な、・残忍な・ぞっとするような

milestone:(イルストン):一里塚・節目

near:【動詞】近づく

light-touch approach:フレンドリーで、緩い取り組み

lockdown:外部からの侵入者に対して、内部の人間の安全確保のため建物を封鎖すること。また、人々の屋外活動を禁止して監禁することを意味する。緊急事態において人の移動や情報の出入りを制限すること。

今回の新型コロナウイルス感染症では中国・イタリア・フランス・マレーシア・アメリカ合衆国のカリフォルニア州などでロックダウンが実施さ:れた。

tally:【tˈæli】(タリー):勘定・計算

Sentenceを分解して訳してみましょう

Sweden has passed the grim milestone of 1,200 coronavirus deaths,

far exceeding the tolls of its nearest neighbours,

but suggested it may be nearing the outbreak’s peak

as scientists continue to question the government’s light-touch approach.

一方、科学者は政府の緩い施策に疑問視し続けていた

as の使い方はこちらで詳しく説明しています。ご覧ください。ここでは、接続詞の as で、「~のときに」の意味にしてみました。

英文訳

Sweden has passed the grim milestone of 1,200 coronavirus deaths, far exceeding the tolls of its nearest neighbours, but suggested it may be nearing the outbreak’s peak as scientists continue to question the government’s light-touch approach.

スウェーデンのコロナウイルスによる死亡者数は隣国の死亡者数をはるかに超えて1,200人という忌まわしい壁を越えた。しかし、科学者たちが政府の甘い政策に疑問を投げかけ続けた中で、流行のピークが近づいている可能性をスウェーデン当局は示した。

 


The Public Health Agency announced a death toll of 1,203 people from Covid-19 on Wednesday,

a rate of 118 per million inhabitants,

compared with 55 in Denmark and just 13 in Finland,

both of which imposed strict early lockdowns to curb the virus’s spread.

英文訳

スウェーデン衆衛生局は新型コロナウイルス感染症による死亡者は、1,203人であると4月15日に発表した。人口100万人に対して118人の割合であり、それは、ウイルスの拡大を抑えるために早期から厳しい都市封鎖を国民に課せてきたデンマークの55人/100万人と、フィンランドの13人/100万人と比べると多い。


Sweden’s per-million tally is also significantly higher

than the 42 recorded in Germany –

but remains lower than the UK’s rate of 182 (as of Tuesday)

and far below Italy’s 349 and Spain’s 399.

英文訳

スウェーデンの人口比に対する死病者数は、ドイツの42人/100万人に比べるとかなり高いが、イギリスの182人/100万人や、イタリアの349人/100万人、スペインの399人/100万人と比べるとかなり少ない。

記事によりますと

スウェーデンのゆるいコロナ対策・近隣諸国と比べて感染者の数は?

スウェーデンは、他のヨーロッパ諸国に比べて、新型コロナウイルス感染への対応がかなり緩い感じになっている。ここへ来てスウェーデンの新型コロナウイルス感染者の死亡数は1,200を超えてしまったが、政府は、感染のピークに近づいているのではないかという見解を出した。

スウェーデン政府の対応が甘すぎると科学者たちの批判の声もある。スウェーデンよりも厳しい措置を講じている近隣の国デンマークやノルウェーに比べると人口に対する死亡者数がかなり多いからである。(人口100万人に対してスウェーデンの死亡者は118人。一方フィンランンドは13人、デンマークは55人)

しかし、そうはいっても、ヨーロッパで多いイギリスやイタリア、スペインなどに比べるとスウェーデンの新型コロナウイルス感染による死亡者は、はるかに少ないのである。

スウェーデンのコロナ感染はピークを迎えたか?

スウェーデンのコロナ対策のリーダー、スウェーデン公衆衛生局の疫学者( epidemiologist)タグネル氏によると、「コロナ感染者の数は減り始めている。楽観的に用心深く見ている」“cautiously positive”とのこと。

スウェーデン国民にはおおむね支持されている対策

世論調査(polling)では、強い強制力で政府が国民の行動を制限するやり方よりも、現在のような個人の責任で、国民それぞれが物理的に的距離をとる方法(physical distancing guidelines )を守ってもらうというスウェーデンのやり方を国民は支持している。

高校や大学は休校だし、50人以上が集まる集会は禁止されているが、「不要・不急な旅行を避ける」「70歳より上の人や具合の悪い人は家にいる」「なるべく家で仕事をする」などは要請であって強制力を持つものではない。

調査によると、約半数のスウェーデン人は自宅で仕事をしているし、公共交通機関(public transport )使用(usage)は、ストックホルムで50%に抑えられている。通りも普段の時よりも70%も人通りは少なくなっている。しかし、買い物やレストランでの食事、理美容室の利用(get haircuts)はスウェーデンでは今でも認められている。

小中学校は休校にせず・安全に不安の声も

また、小中学校は休校になっておらず、例え家族に感染者が出ても、その家庭の子供は学校に行くことができる。

スウェーデン政府は小学校と中学校の休校の措置をとっておらず、一部の親や教員は「この時期に学校を休校にしない政府の方針は受け入れがたい(unacceptable)。子供たちの、教員、スタッフの命が心配である。」と、抗議の手紙を政府に送っている。

スウェーデンでコロナ対策の指揮を執っているの疫学者のアンダー・タグネル(Anders Tegnell)氏は、「スウェーデンのやり方は、感染拡大のペースを抑えることにより、病院に重篤者が殺到する(overwhelmed)事態を避けるものである。」と説明する。

タグネル氏は、「イギリスやデンマークが感染爆発が起こる前に立てていた施策のように、このウイルスに対する抗体を急速に国民の体の中に作ろうと知るものではない。長期戦を見込んだ作戦だ。」という。

スウェーデンの人口密度や一人暮らし世帯の多さが感染拡大を抑えている

スウェーデンのこの緩いコロナ対策でも、何とか感染を抑えられているのは、スウェーデンの人口統計的な要素(demographic profile)のおかげだとみている専門家もいる。スウェーデンの50%以上の世帯は独り暮らし(single-person)であり、1平方キロメートルに約5人という人口密度は、イギリスの259人、イタリアの205人に比べると圧倒的に少ない。

この施策の効果はまだわからない。また経済的効果もそれほど期待できてなく、スウェーデンの経済の悪化は、ロックダウン( lockdowns)を行い、厳しく国民の行動を制限している国々の悪化状況とさほど変わりはない。

スウェーデンの財務大臣によると今年のGDPは10%は縮小(shrink)するだろうとのこと。また、 失業率(unemployment )は13.5%まで上がるだろうとのことだ。

世界の科学者たちからは批判されているスウェーデンのゆるい規制

このゆるいスウェーデンのコロナ対策は様々な国の科学者の批判の的(under fire)になっている。

22人の医師、ウイルス学者や研究者たちは、スウェーデンの公衆衛生局を批判した。

「スウェーデンの新型コロナウイルス対策はすぐに変えるべきである。ウイルスが拡がるにつれ社会的距離(social distance)は必要になる。学校とレストランを止めろ。高齢者にかかわる仕事をしている人は、適切な防御装置(adequate protective equipment)を身に着けるべきだ。家族内で感染者が出たら、家族全員を検査して必要ならば隔離す(quarantine )べきだ。政府は、国民生活に介入す(intervene)べきなのだ。ほかに手はない。」と訴えている。

タグネル氏は批判に対し「他の北欧諸国(Nordic countries)とは違い、スウェーデンは老人ホームでの感染拡大がみられている。他の諸国とは感染者の増加の様子が違う。」と反論している。

疫学者(epidemiologist)のタグネル氏は、「世界は、コロナにより今まで経験のない領域に突入している。短期的にはスウェーデンの感染者が増えることもあるだろう。しかし、他の厳しい都市封鎖をしている国々は都市封鎖を解除したとたん、感染の再爆発が起こりうる。スウェーデンにはそのような再爆発はない。」と言っている。

そう言えば

世界中がコロナウイルスに翻弄されているのは間違いありませんが、コロナの感染者数、死亡者数は国によってまちまちであり、またコロナ対策も国によって様々です。

記事にあるように、私たちは今までにない領域を経験しているので、どの方法が良いのか悪いのか、今はまだ結論は出せません。

今後、新型コロナウイルスがどんなものであるのか、また、どの国の施策がよかったのかが次第にわかってくると思います。

今後も、コロナ関係のニュースから目が離せませんね。

皆さんもどうぞお体は大切になさってくださいね。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  2. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  3. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  4. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  5. マスクの専門店・八重洲にオープン
  6. 塩害に強いイネの品種を開発
  7. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  8. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  9. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
  10. US西海岸の深刻な山火事の原因は?
PAGE TOP