Japan

空飛ぶ車・NEC安定飛行を披露

Japan’s NEC Shows ‘Flying Car’ Hovering Steadily for a Minute

日本のNEC『空飛ぶ車』1分の安定飛行を披露

August 5, 2019 VOA NEWS より

 

今日のSentence

Japanese electronics maker NEC Corp. on Monday showed a “flying car,” a large drone-like machine with four propellers that hovered steadily for about a minute.

The goal is to deliver a seamless transition from driving to flight like the world of “Back to the Future,” although huge hurdles remain such as battery life, the need for regulations and safety concerns.

Vocabulary

drone-like:ドローンの様な

hover:【hˈʌvɚ】(バー):羽ばたいて空中に停止する、停空飛翔する、ホバリングする、漂う

steadily:【stédəli】(スディリィ):動かないで・安定して・ 着実に・絶え間なく

seamless:【síːmlis】(ームレス):途切れない・滑らかな・縫い目のない

transition:【trænzíʃən】(トランション):移行・過渡期

hurdle【hˈɚːdl】(ハードル):ハードル・障害物・困難

battery life:電池の寿命・バッテリーの寿命

regulation:【règjəléiʃən】(レギュレイョン)規制・法律

need for regulations:規制の必要性

safety concerns:安全性についての懸念・心配・不安

Sentenceを分解して訳してみましょう

Japanese electronics maker NEC Corp.

on Monday

showed a “flying car,”

a large drone-like machine

with four propellers that hovered steadily for about a minute.

日本の電機メーカーNECは8月5日に『空飛ぶ車』を披露した。『空飛ぶ車』は、大きなドローンの様な機械で、4つのプロペラがありそれが約1分間安定してホバリングした。


The goal is to deliver a seamless transition from driving to flight

like the world of “Back to the Future,”

although huge hurdles remain

such as battery life, the need for regulations and safety concerns.

バッテリー寿命、規制の必要性、安全に関する課題などの多くのハードルが残ってはいるものの、『空飛ぶ車』の目標は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の世界の様に地上の運転から空の飛行まで途切れない移動をすることである。

記事によりますと

NECの『空飛ぶ車』テスト飛行

8月5日、NECは、千葉県我孫子市のNEC敷地内で『空飛ぶ車』 “flying car”の公開実験を政府関係者、企業関係者、マスコミなどをむかえて行われた。

2回のテスト飛行で、約3mの高さまで上がり約1分のホバリングに成功。

NECは、『空飛ぶ車』を宅配の無人配送に使用することを考えている。

政府の『空飛ぶ車』への援助

日本政府は、人々が『空飛ぶ車』に乗って飛び回れる(zip around)よう、2030年までに実用化したいと考えている。

政府は、『空飛ぶ車』の開発に企業へ協力、援助をしている。例えば、『空飛ぶ車』の試行運転に必要な広大なテストコース(huge test course)を確保するなど。福島県の津波(tsunami)地震(quake)原発事故(nuclear disasters)などの荒廃地(devastated  area)を試運転場として使用できるよう援助している。

三重県では、『空飛ぶ車』を島々を結ぶ交通手段として使用できることに大きな期待を寄せている。

世界が開発を急いでいる『空飛ぶ車』

世界的にも、『空飛ぶ車』のプロジェクトは出現している(are popping up)

例えば、アメリカのカーシェアリング(ride-sharing)の会社ウーバ( Uber)では、2023年には商業的な運行(commercial operations)を ダラス(Dallas)、ロサンゼルス( Los Angeles)、メルボルン( Melbourne)で行う予定である。

ドバイ(Dubai)は、『空飛ぶ車』購入に積極的な意向を見せている。

そう言えば

空飛ぶ車とは?

記事の中では、『空飛ぶ車』を、「ドローンのように垂直に離着陸でき、人を載せることができる乗り物」とあります。ヘリコプターよりも、経済的に安い、音が静か、運転手が必要ないなどの利点があるそうです。災害時への期待もあるとか。

まだ試運転の段階ですが、タクシー呼んだら無人の『空飛ぶ車』がやって来る時代は、必ず訪れると思います。

最近の記事

  1. NASAの日本の台風の写真
  2. 千葉県犬吠岬
  3. 福島のさくらんぼ
  4. alphablocks
  5. アメリカの銃乱射事件
  6. アメリカでA型肝炎が流行っている州

関連記事



本サイトが紹介されました!

えいごログ

おすすめ記事

  1. 日本:命にかかわる暑さ・41.1℃を記録する
  2. 空飛ぶ車・東京オリンピックの聖火点火に
  3. 嵐、自然がニューヨークの死の島の骨を露わにしている
  4. 伝統的な「男らしさ」は男性を苦しめる
  5. 太平洋を泳いで、銚子からサンフランシスコへ!
  6. 8人の救出されたタイの少年・健康状態良好。残るは5人
  7. ニューヨーク・タイムズが伝える日本の文化|アメフトタックル問…
  8. フランス、アメリカのイラン核条約撤退や新たな制裁を懸念
  9. AIがあなたの仕事を奪う?
  10. Huge Chocolate Spill Creates S…
PAGE TOP