SNSが人とつながっている図

Japan

SNSで性被害・未成年者1811人

SNSを通じて未成年の女の子たちが、性被害にあっているそうです。加害者は、少女たちのふつうのSNSの投稿から、ターゲットを絞り近づいていくそうです。では、さっそく英語のニュース記事を見てみましょう。

Japanese police say more than 1,800 minors fell victim to sex crimes through the use of social media last year. Twitter accounted for 40 percent of the cases.

The National Police Agency says 1,811 people under the age of 18 were sexually exploited after being contacted through social media. There were 1,813 cases in 2017.

718 of the victims used Twitter, 214 used Himabu, and 80 used LINE. Himabu provides services for students only.

More than half of the victims say they had learned about the dangers of using social media at school. This suggests that efforts to educate children on this issue have not been entirely successful.

March 17 NHK WORLD NEWS より

今日のニュースの難易度★★☆☆☆

・日本の話題で、英文も比較的簡単なので、読みやすいと思います。

Vocabulary

minor:【máinər】(イナー):未成年

fall victim to :被害にあう・犠牲になる  fallー fellー fallen(ホール)(フェル)(フォーレン)

※feel=感じる( fellと似ているので注意!)

National Police Agency:警察庁

accounted for~:~を占める ※accountについては「accountの意味とイメージ」もご覧ください

be sexually exploited:性的に搾取された

Himabu:株式会社ナナメウエが開発、運営している学生限定のソーシャル・ネットワーキング・サービス。 2015年5月にサービス開始。 学生限定だが自己申告で登録可能なため犯罪行為が後を絶たず、問題になっている。

entirely:(否定語句を伴って部分否定になる)完全に~ではない



Sentenceを分解して訳してみましょう

Japanese police say

more than 1,800 minors fell victim to sex crimes

through the use of social media last year.

Twitter accounted for 40 percent of the cases.

【英語訳】

日本の警察は、昨年1,800人以上の未成年者がソーシャルメディアを通じて性犯罪の被害者になったと報告した。Twitterはその事件の40%を占める。


The National Police Agency says 1,811 people under the age of 18

were sexually exploited

after being contacted through social media.

There were 1,813 cases in 2017.

警察庁によると、18歳未満の若者1,811人がソーシャルメディアを通じて相手と接触した後に、性的な被害にあった。2017年では、1,813件だった。


718 of the victims used Twitter, 214 used Himabu, and 80 used LINE.

Himabu provides services for students only.

More than half of the victims say

they had learned about the dangers of using social media at school.

This suggests that efforts to educate children on this issue have not been entirely successful.

被害者のうち718人はツイッターを使用し、214人はひま部を、80人はラインを使っていた。ひま部は、学生に限ってのみサービスを提供している。半分以上の被害者は、ソーシャルメディア使用の危険性について学校で学んでいた。このことは、子どもたちにソーシャルメディアについて教育する試みは完全に成功しているとは言えないという事を示す。

自宅で試着。気に入った商品を購入できるスカートブランド【ILOITOO】

 

SNSを通じて少女の性被害・過去最高

警察庁によりますと、昨年、未成年者の1811人がSNSを通じて、性的被害にあったとのことです。

被害者のうち718人はツイッターを使用しり214人はひま部を利用していたとのことです。

インターネットトラブル事例集 (平成29年度版)

総務省のインターネットトラブル事例集 (平成29年度版)より

これは、実際に警察に被害届を出した人の数だと思います。表に出ている以上にたくさんの被害者がいると思われます。

普通の子がツイッターで被害にあう

ツイッターで性被害とは具体的にはどういう事だろうか?と調べてみましたら、

グリー 安心安全チームマネジャーの小木曽 健によりますと、(東洋経済の記事より)

青少年(多くは18歳未満の女子)に「そのつもり」がなかったのに、結果的に性犯罪の被害者になってしまった、というケースが少なくない。

オープンなSNSで、普通の子が狙われる事件が多い。犯罪者は、SNS上のオープンな情報からターゲットを探し出し、趣味やスポーツなどの情報を確認してから話しかけ、時間と手間をかけて、信用させて、会う約束を取り付ける。被害にあっているのは、ごく普通の子ども達。

オープンなSNSが犯罪の舞台となって、そして被害にあうのはごく普通の子ども達。恐ろしいことです。相手は上手に子どもをだまして、信頼させるのですね。

高齢者をねらったおれおれ詐欺にちょっと似ています。怪しいと思ったら、すぐに誰かに相談することが大事ですね。

総務省のインターネットトラブル事例集 (平成29年度版)より

総務省のインターネットトラブル事例集 (平成29年度版)より



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  2. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  3. マスクの専門店・八重洲にオープン
  4. 塩害に強いイネの品種を開発
  5. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  6. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  7. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
  8. US西海岸の深刻な山火事の原因は?
  9. 西海岸・山火事・同時に多発し消火困難
  10. 大坂なおみ選手・全米オープンで優勝
PAGE TOP