Science & Health

出産・育児休暇事情|国際女性デー

みなさんこんにちわ。3月8日は国際女性デーです。1904年3月8日にアメリカ・ニューヨークで婦人参政権を求めたデモが起源となり、国連は1975年に3月8日を「国際女性デー」と定めました。

国際女性デーにちなみVOAニュースで、『各国の出産育児休暇の現状とそれに対し女性がどう感じているか』の調査についての結果が載っていましたので取り上げました。

March 06, 2019 VOA NEWS より

今日のSentence

Many new mothers worldwide express anxiety and guilt about leaving their babies to return to work, and some worry their nations’ maternity policies reflect societies that value productivity over raising children.

Vocabulary

anxiety:【æŋzáiəti】(アングイアティー):不安

guilt:【gílt】(ルト)

1.何か悪いことをした時に感じる感情→罪悪感・罪の意識・自責の念

2.法を犯した事→有罪

3.何か悪い事が起きたことへの非難・責任

例)The investigation will try to find out where the guilt for the disaster.

(その調査は、その惨事の責任がどこにあるのかを見つけようとしている。)

value A over B:AをBより高く評価する(重んじる)

productivity:生産性(とくに産業面においての生産性のこと。物を生産する時にかかった時間や経費などから見た生産量)



Sentenceを分解して訳してみましょう

Many new mothers worldwide

 

express anxiety and guilt

 

about leaving their babies to return to work,

 

and some worry

 

their nations’ maternity policies reflect societies that value productivity over raising children.

 



【英文訳】

Many new mothers worldwide express anxiety and guilt about leaving their babies to return to work, and some worry their nations’ maternity policies reflect societies that value productivity over raising children.

世界中の多くの母親は、仕事へ戻るために赤ちゃんから離れることに不安と罪深さを表現し、また自分の国の妊娠政策は、子育てよりも生産性に価値をおく社会を反映しているのではないかと心配する人もいる。

【英語訳のポイント】

1.someについて

someが人を表しているときは「幾人かの人は、~だ」を「~である人もいる」と言うふうに訳すとすっきりした日本語になります。

例)Some people like it and some don’t .(それが好きな人もいて、嫌いな人もいる。)

ここでは、

some worry their nations’ maternity policies reflect societies→「自分たちの国の出産についての政策は社会を反映しているのではないかと心配する人もいる」

赤ちゃんの足

2.some worry their nations’ maternity policies reflect societies

ここは、S worry that ~:「~を心配する」の意味のthat が省略された形です。

some worry (that)their nations’ maternity policies reflect societies

that 以下には、主語と述語が続きます。

記事によりますと

3月8日は国際女性デーです。(International Women’s Day)

それに先立ちロイター通信(Reuters )では、世界中の女性に「出産にともなう休業と子育て」について話してもらい、結果を報告しています。

それによると、

  • 出産・育児休暇の期間や給料の支払いについては、国によって大きな隔たりがある。

・アメリカは世界で唯一、有給の出産・育児休暇を制度として確立していない国。

・OECDの加盟国の有給の出産・育児休暇の期間の平均は、18週。

 

  • 多くの女性が、出産休暇が短いと感じている。

 

  • 多くの女性が、子どもを置いて仕事に戻る時に、子どもに対して罪悪感を感じている。

 

という事が報告されていました。

さあ、育休後からはじめよう―働くママへの応援歌 単行本 – 2013/2/1 山口 理栄 (著), 新田 香織 (著)

さあ、育休後からはじめよう―働くママへの応援歌 単行本 – 2013/2/1 山口 理栄 (著), 新田 香織 (著)

 

ベラルーシ:女性も満足の子育て事情

最も、出産・子育てについて制度が充実している国として紹介されていたのが、ベラルーシでした。

ベラルーシ―では、出産前70日、出産後56日の有給の出産休暇が法律制度として(statutory)保障されているとのことです。

さらに育児休暇(child care leave)は、最大3年間取得でき、その間は家庭内の子どもの数によって決められた育児手当金を受け取ることができるそうです。

また、育児休業が取れるのは母親と決まっているわけでなく保護者であれば誰でもいいという事です。

大前研一氏による「バトル三国・ベラルーシの研究」

大前研一氏による「バトル三国・ベラルーシの研究」

そう言えば

出産休暇=maternity leave

育児休暇=Child care leave です。これを機会に覚えましょう。

子どもと母親

 

子どもを産んで育てることは、その人にとっても最も大事なことだし、社会にとっても大事なことです。

記事にあったように社会が生産性(productivity )だけを追及するのではなく、家族が子育てをしやすくするための努力も大事です。

そのためにも、女性の意見は貴重ですし、発言の機会や活動の機会をもっと増やすべきだと思います。

 

 



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 2020年度 第2回 英検準2級 訳と解説②
  2. 2020年度 第2回 英検準2級 訳と解説①
  3. アマビエの絵馬で疫病退散!春日大社
  4. ノーベル化学賞・2人の女性ゲノム編成で
  5. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  6. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  7. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  8. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  9. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  10. マスクの専門店・八重洲にオープン
PAGE TOP