大阪なおみ全豪オープン優勝

Asia

大坂なおみ選手・全豪オープン優勝

Naomi Osaka beats Petra Kvitova to win Australian Open for back-to-back slams

『大坂なおみ選手は、ペトラ・クビトバ選手を破りグランドスラムの連勝となる全豪オープンで勝った。』

大坂なおみ選手は、全豪オープンで優勝し、昨年の全米オープン優勝と連続のグランドスラム優勝の快挙を遂げました。今日はNHK WORLD NEWS とThe Guardian から取り上げています。The Guardianには、感動的な試合の様子が詳しくのっています。ぜひもご覧になってみてください。

大坂なおみ選手・全豪オープン優勝し世界ランク1位に

Japanese tennis player Naomi Osaka has won the women’s singles title at the Australian Open.

Osaka defeated Petra Kvitova of the Czech Republic 7-6, 5-7, 6-4 becoming the first Japanese singles player to win the Australian Open.

Osaka, the reigning US Open champion, has won back-to-back Grand Slam Tournaments. The victory sends her to the top of the women’s singles world rankings.

【英文訳】

日本のテニス選手大坂なおみ選手は、全豪オープン女子シングルスで優勝した。

大坂選手は、チェコ共和国のペトラ・クビトバ選手を7-6, 5-7, 6-4で破り、全豪オープン・シングルスで優勝した日本人の初めての選手となった。

大坂選手は、全米オープンチャンピオンに君臨し、連続して、グランドスラム・トーナメントで優勝した。この勝利で、女子シングルス世界ランキングのトップとなった。

【Vocabulary】

reign【réɪn】(レイン):君臨する

back-to-back:立て続けに・連続して

Grand Slamグランドスラム=国際テニス連盟が定めた4大大会を指す総称。4大会とは、「全豪オープン」(1月・メルボルン)、「全仏オープン」(5月~6月・パリ)、「ウインブルドン選手権」(6月~7月・ロンドン)、「全米オープン」(8月~9月・ニューヨーク)の4つの大会。またはそれら全てを制覇する事。

なおみ選手は、どのようにして窮地を切りぬけたか

2セット目・大阪なおみ選手大ピンチ

1セットを制覇した大阪なおみ選手。2セット目の、ゲーム5-3で優勝がもうすぐそこに見えてきた大坂なおみ選手。しかしその後、相手のペトラ・クビトバ選手のペースに持ち込まれ、試合の流れが変わっていきました。

大坂なおみ選手大ピンチ。大阪選手は思わず泣いてしまいそうになります。この時の事を大阪選手は、試合後の記者会見でこう語っています。

“I forgot to smile.  I was told to smile. I was panicking.”

「私は、笑うのを忘れていた。笑いなさいと言われていたのに。私は、パニックになっていた。」

また、The Guardian には、次のように書かれています。

Osaka threatened to self-destruct. It was then that she took a bathroom break, shedding a few tears as she willed herself to bounce back. “I told myself I had no right to feel entitled, that she was a great player. I didn’t have a right to expect myself to win. In the third set, I shut down my feelings.”

【英語訳】

大坂選手は、自滅する恐れがあった。それは、大坂選手は精神的に立て直そうと涙をこぼしながらトイレ休憩を取った時であった。「私は、自分に優勝する資格があると思ってはいけないと自分自身に言い聞かせました。彼女は素晴らしい選手なんです。私は、自分が勝つと期待する権利はないと。3セット目では、私は自分の感情をシャットダウンしました。」

【Vocabulary】

threaten:【θrétn】(ットゥン):脅す・恐れがある

self-destruct:(セルフ・ディストクト)自滅する・自爆する・自己破壊する

shed:【ʃéd】(ェッド):(血や涙を)流す

bounce back:(精神的打撃・病気などから)すぐに回復する、元気を取り戻す、すぐに立ち直る、

entitle:【entáitl 】(エンイトル):資格を与える

shut down:閉鎖する・停止する

クビトバ選手の偉業

一方、大坂なおみ選手に惜しくも敗れたチェコのクビトバ選手も素晴らしい戦いぶりを見せました。

クビトバ選手(28歳・チェコ共和国)は、2011年と2014年にウインブルドン選手権で優勝。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは銅メダル取得の実力者です。また、今回の準優勝で世界ランキング2位を獲得するとのことです。

また、The Guardian によると、クビトバ選手は2年前に自宅に押し入った強盗にナイフで襲われ、利き手の左手に重傷を負い、数時間にも及ぶ手術を受けたと言うのです。

試合後の記者会見でクビトワ選手は、

“It’s crazy, I can hardly believe I just played a final of a grand slam again. ・・It was a great final. Well done Naomi. For me it’s a big honour to have this [runners-up] trophy. Thank you to my team. You stuck with me when we didn’t know if I would even be able to hold a racket again.”

【英語訳】

「とっても驚きました。グランドスラムの決勝でまた戦えたなんて信じられません。とても素晴らしい決勝戦でした。やったね、なおみ。私にとっても、この準優勝のトロフィーがもらえることは誇りです。ありがとうティームのみんな。もう一度ラケットが握れるかどうかもわからない時ですら、私についてきてくれて。」

【Vocabulary】

runners-up:準優勝

stuck with me :私から離れずについていく・私を見捨てない・私にこだわる

stuck:そこから動けない、逃れられない、行き詰る、どうしていいかわからない

なおみ選手に期待の声

On Saturday, the tears flowed again at the end of a high quality, see-saw final, in which she lost her way and then found it again, her steely character coming through, just as it had in New York.

She is able to stay calm, even under the most intense pressure, and get the job done.

【英語訳】

土曜日には、素晴らしいプレーの後に再び涙がこぼれた。シーソーゲームの決勝戦で、大坂は、くじけそうになったが、立ち直った。彼女のはがねの性格は、ニューヨークでの試合の時のようにはっきりと表れた。

彼女は、冷静でいられた。最も強いプレッシャーがかかる状況でも。そして成し遂げた。

【Vocabulary】

steely:鋼鉄のように・強い

come through:やりとげた・はっきりと表れた

また、大坂選手は、21歳の若さで経験も少ないのにもかかわらず世界ランキンク昨年の72位から急成長し、今後の活躍が期待できる。などと書かれています。

テニスのルール

ポイントやゲームとは?テニスのルールはどうなっているの?

テニスの得点は?

相手の打ったボールを返せなかった時に、相手に1点が入ります。

4点(ポイント)取れば、1ゲームとることができます。

その繰り返しで、6ゲーム(4ポイント×6ゲーム)とれば、1セットとれます。

今回の試合の場合女子は、3セットマッチ。(先に2セット問った方が勝ち)

1ポイント×4=1ゲーム

1ゲーム×6=1セット

2セット先に取れば勝ち

とテニスは、長い試合時間がかかります。

キープやブレイクとはどういう意味?

「自分がサーブを打つゲームに勝つ」ことを『キープ』と言います。

「自分がレシーブをするゲームに勝つ」ことを『ブレイク』と言います。

テニス関連のニュース記事を読む時の参考になると思います。

そう言えば

大坂なおみ選手、素晴らしいと思います。これからも、チャーミングであり続けて欲しいです。ご活躍を期待しています。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  2. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  3. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  4. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  5. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  6. マスクの専門店・八重洲にオープン
  7. 塩害に強いイネの品種を開発
  8. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  9. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  10. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
PAGE TOP