ニュース記事

ベネズエラ危機:背後には大国が

Venezuela Crisis: Familiar Geopolitical Sides Take Shape

 

みなさんこんにちわ。南米の国ベネズエラで23日、大規模な反政府デモが行われ、反政府側のフアン・グアイド国会議長が『自分こそが大統領だ~』と暫定大統領の就任を宣言しました。一つの国の中に大統領が2人?また、それぞれの背後には、世界中の大きな国々が後ろ盾となっています。反政府側にはどんな国が、大統領側にはどんな国が支援しているのでしょうか。さっそく記事を見てみましょう。

January 24, 2019 VOA NEWS より

今日のSentence

Russia, China, Iran, Syria and Cuba have come down on one side. The United States, Canada, and countries in Western Europe are on the other.

As the crisis in Venezuela reaches a new boiling point — with embattled Venezuelan President Nicolas Maduro facing a challenge from opposition leader Juan Guaido — the geopolitical fault lines look familiar.

President Donald Trump, Vice President Mike Pence and Secretary of State Mike Pompeo issued statements Wednesday proclaiming U.S. recognition of Guaido, saying the U.S. would take all diplomatic and economic measures necessary to support a transition to a new government. Canada said it was recognizing Guaido as the interim president, and British Foreign Secretary Jeremy Hunt called him “the right person” to take Venezuela forward.

But Washington’s adversaries are issuing warnings against U.S. intervention. Russian officials have called the move a “coup” orchestrated by the U.S.

Sentenceを訳して訳してみましょう

Russia, China, Iran, Syria and Cuba have come down on one side.

The United States, Canada, and countries in Western Europe are on the other.

【英文訳】

ロシア、中国、イラン、シリア、キューバは、一方に味方し、アメリカ、カナダ、西ヨーロッパの国々は、他方についた。

come down on~:~を味方する・~の方を選択する


As the crisis in Venezuela reaches a new boiling point

— with embattled Venezuelan President Nicolas Maduro

facing a challenge from opposition leader Juan Guaido

the geopolitical fault lines look familiar.

【英文訳】

ベネズエラの危機は新たな局面を迎えた。と言うのも、論争のさなかにあるベネズエラの大統領ニコラス・マドゥロは、野党リーダーのフアン・グアイドから突き付けられた難題に直面しているからだ。その政治的な断絶には見覚えがある。

Venezuela:ベネズエラ (南米北部の共和国)

boiling point:沸点・重大な局面

embattled:【embǽtl】(エンバトゥル)・四面楚歌の・追い詰められた・論争のさなかにある

Nicolas Maduro:ニコラス・マドゥロ=(1962生)2013年からベネズエラの大統領。ベネズエラ統一社会党Link

Nicolás_Maduro

Nicolás_Maduro Tasnim News Agencyより

 

 

Juan Guaido:フアン・グアイド=(1983生)2019年1月、現大統領ニコラス・マドゥロに対抗するため、大統領職への就任を宣言した。マドゥロ政権寄りの最高裁判所によって却下された。現在はアメリカ、カナダ、ブラジル、アルゼンチンなど約10ヵ国が大統領就任を承認している。

ファン・グアイド

Juan Guaido

 

geopolitical:【dʒìoʊpəlɪ́tɪkəl】(ジオポティカル):地政学的な・地理的・政治的な

fault lines:断層・断絶

 

 


President Donald Trump, Vice President Mike Pence and Secretary of State Mike Pompeo issued statements Wednesday proclaiming U.S. recognition of Guaido, saying the U.S. would take all diplomatic and economic measures necessary to support a transition to a new government. Canada said it was recognizing Guaido as the interim president, and British Foreign Secretary Jeremy Hunt called him “the right person” to take Venezuela forward.

【英文訳】

ドナルド・トランプ大統領、マイク・ペンス副大統領、マイク・ポンペオ国務長官は、グアイド氏を認める声明を23日に出し、アメリカは新しい政府への移行を援助するのに必要なすべての外交と経済的手段を使うと言った。カナダは、グアイド氏を暫定的な大統領と認めると言い、イギリスの外務・連邦大臣のジェレミー・ハント氏は、グアイド氏をベネズエラを前進させるのに『まさにふさわしい人』と呼んだ。

proclaim:【proukléim】(プロクイム)宣言する

interim:【íntərim】(ンテリム):仮の・暫定的な

 

 


But Washington’s adversaries are issuing warnings against U.S. intervention.

Russian officials have called the move a “coup” orchestrated by the U.S.

【英文訳】

しかし、アメリカの野党は、アメリカの干渉について警告を発しようとしている。ロシア政府はこの一連の動きをアメリカによって練り上げられたクーデターであると言った。

coup【kúː】:(クー):クーデター

orchestrated:【ˈɔɚkɪstrèɪt】(ーケストレイト):オーケストラ用に作曲する・巧みに組織化される・練り上げる

2つに割れるベネズエラ~後ろには巨大な国々が~

ベネズエラで、野党リーダーのフアン・グアイド氏が、自ら暫定大統領に就任すると宣言した。現大統領は、マドゥロ大統領であり、これはクーデターとも言える。

自ら暫定大統領に就任すると宣言したにフアン・グアイド氏の味方に付いたのが、アメリカ、カナダ、西ヨーロッパ、ブラジル、コロンビア、アルゼンチン、ペルーなど。また、EU(欧州連合)のトゥスク大統領も「欧州全体が団結して支持することを望む」とツイッターで言っている。

アメリカは、グアイド氏支援のために、必要なすべての外交と経済的手段を使う構えである。

一方、ニコラス・マドゥロ大統領の見方についたのが、ロシア、中国、イラン、キューバ、トルコ、メキシコ、ボリビアなどである。

ベネズエラへの内政干渉だと批判の声も

しかし、アメリカや野党の間では、ベネズエラへの内政干渉だと批判の声もある。

ロシア政府はこの一連の動きをアメリカによって練り上げられたクーデターであるとし、国際法の規範を(basic norms of the international law)を侵すものであると反論。プーチン大統領は、マドゥロ大統領に援助を申し出ている。

中国は、国内の問題にアメリカは干渉(interference)すべきでないとしており、イラン(Iran) やシリア(Syria)も同様の考えだ。

ベネズエラは石油大国

ベネズエラは、主要な原油産国で、国内の政治的な不安定は、世界的に大きな影響を与える。

過去10年間、中国はベネズエラに650億ドルの貸し付け(loans)投資(investment)をしている。

ロシアはベネズエラから、石油を購入しているし、貸し付けと投資もしている。

マドゥロ大統領は、昨年12月にモスクワを訪れてベネズエラが抱える非常に高い率のインフレ(sky-high inflation)食糧難(food shortages)につての支援を求めている。

経済的につながりが深い国にとっては、自国の経済的利益のためにも、ベネズエラの政治的な安定が、非常に重要となる。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  2. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  3. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  4. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  5. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  6. マスクの専門店・八重洲にオープン
  7. 塩害に強いイネの品種を開発
  8. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  9. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  10. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
PAGE TOP