Japan

外国人相談窓口 全国100カ所に

100 support centers for foreign workers to open

『100のサポートセンターを外国人労働者のために設ける予定』

みなさんこんにちわ。今日は、NHK WORLDから取り上げました。英文がとても簡単で、音声も付いていますので、是非ご覧ください。

17 December 2018 NHK WORLD-JAPAN より

今日のSentence

Japan’s Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga has revealed that the government plans to open about 100 support centers for foreign workers across Japan.

This will be part of comprehensive measures the country intends to draw up by the yearend, ahead of the implementation in April of the newly passed law to bring in more foreign workers.

Suga also laid out plans to make it easier for foreigners to open a bank account and to get medical care by making multi-lingual services more widely available.

Vocabulary

Chief Cabinet Secretary:内閣官房長官  (菅 義偉(すが よしひで))

reveal【rɪvíːl】(リィール):明らかにする

comprehensive measures:包括的な対策・総合的な対策

draw up:作成する・整列させる・引き上げる

implementation:【ìmpləməntéɪʃən】(インプラマンイション):履行・実行・実施

lay out:展開する・設計する・レイアウトする・割り付けをする

lay -laid -laid (レイ)(レイド)(レイド)/  lays(3人称s) laying(+ing)

【他動詞】(何かを)置く・横たえる・準備する・提示する

例)She laid her hand on his shoulder.(彼女は彼の肩に手を置いた。)

lie -lay- lain (ライ)(レイ)(レイン)/  lies(3人称s) lying(+ing)

【自動詞】:(自分が)横になる・存在する

例)The cat was lying  by the fireplace.(その猫は、暖炉のそばで横たわっている。)

Sentenceを分解して訳してみましょう

Japan’s Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga has revealed

that the government plans to open

about 100 support centers for foreign workers across Japan.

【英文訳】

日本の官房長官・菅 義偉 氏は、政府は、日本国内で、外国人の労働者のための約100のサポートセンターを開く計画があると明かした。


This will be part of comprehensive measures

the country intends to draw up by the yearend,

ahead of the implementation in April of the newly passed law

to bring in more foreign workers.

※measures the country intends to draw up には、関係代名詞 that または、which が省略されています。

=measures (that) the country intends to draw up (国が作ろうとする政策

関係代名詞の省略については、こちらも参照にしてください。関係代名詞について詳しく見る

【英文訳】

これは、もっと多くの外国人労働者を日本に受け入れるために新たに通過した法律の4月の履行に先駆けた包括的対策の一つで、この政策を国は年末には作り上げるつもりである。


Suga also laid out plans

to make it easier for foreigners

to open a bank account

and to get medical care

by making multi-lingual services more widely available.

菅官房長官は、多言語サービスをより広く利用できるようにすることで、外国人が銀行口座を開いたり医療を受けやすくするための計画を紹介した。

記事によりますと

外国人労働者を支援するワンストップセンターとは

菅官房長官は、12月16日に福岡市で講演を行った際に、臨時国会で成立した改正入管法にともなう外国人の就労拡大に向けて、外国人労働者の日常生活の相談などに応じる「ワンストップセンター」を、全国100カ所に整備する考えを明らかにした。

多くの外国人労働者が住む(reside)県や、大都市にはすべてこの外国人のためのサポートセンターを設けるつもりであると言った。また、各センターには、通訳者(interpreters)翻訳システム( translation systems)を導入するとのこと。

政府は、センター開設にあたって、約20億円(2 billion yen)地方自治体(local governments)に提供する計画があるとのこと。

具体的な支援策

1)住居について

政府は、外国人従業員がアパートを借りる(rent)時には、雇い主が保証人(guarantors)になる責任(responsibility)明確にする(assume)予定であるとのこと。

2)携帯電話について

政府は、外国人労働者が携帯電話の契約(sign mobile phone subscription contracts)時に、彼らの在留カード(residence cards)を使ってサインできることを確かにする(ensure) つもりであるとのこと。

在留カードとは( residence card)

residence card 入国管理局ホームページより

3)その他の支援

多国語のサービス(multi-lingual services)をもっと広く入手できる(available)ようにすることで、外国人が銀行口座を作り(open a bank account)やすいようにしたり、医療を受けられる(get medical care)ようにする。

菅官房長官は、与党(ruling parties)は、外国人居住者の医療保険の悪用 (abuse of the Japanese medical system )について徹底的に調査する(thoroughly investigate)よう政府に要求していると言った。この問題については次年の国会の本会議(in next year’s plenary session at the Diet)で話し合うとのこと。

そう言えば

記事の中に出てきた、支援センターの事を菅官房長官は、「ワンストップセンター」と言っています。「生活全体の支援というものを、しっかりと受け入れる側で行う仕組みもぜひ作っていきたい。」とのこと。

翻訳システム( translation systems)とは、具体的には翻訳機」を窓口に整備するという事のようです。

在留カード(residence cards)とは、上に写真を載せています。3か月以上の日本での滞在が認められた外国人に発効される「証明書」です。常時身に付けておくことが義務付けられているようです。

 

外国人労働者に対する過酷な労働環境が問題となっていますが、外国人でも日本人でも不当な労働が強いられないような仕組みづくりを願います。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  2. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  3. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  4. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  5. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  6. マスクの専門店・八重洲にオープン
  7. 塩害に強いイネの品種を開発
  8. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  9. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  10. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
PAGE TOP