Japan

沖縄知事デニ―氏・ニューヨークで米基地移設反対訴える

In NY visit, Okinawa governor calls opposition to Nago U.S. base plan the will of the people

『ニューヨーク訪問で、沖縄県知事は名護市アメリカ基地の計画反対は県民の意志だと訴える。』

November 11.2018 Japan times より

今日のSentence

Newly elected Okinawa Gov. Denny Tamaki said Sunday opposing the Japanese government’s plan to replace a key U.S. military base within the prefecture is the will of local residents.

In a speech at New York University, he said he was elected as governor in September on a platform of blocking the plan but that the Japanese government “is forcing the relocation” against the will of Okinawa’s people.

Tamaki is in New York on his first tour of the United States since becoming governor. He is scheduled to meet government officials and lawmakers in his campaign against the transfer of U.S. Marine Corps Air Station Futenma within Okinawa, where the bulk of U.S. military facilities in Japan are located.

In the speech, he also called for action by U.S. citizens to join efforts to ease the burden of the prefecture in hosting the U.S. military bases.

“I would like U.S. citizens, as well as Japanese citizens (outside Okinawa) to think about solutions and act together with us,” the governor said before an audience of more than 100 people.

Vocabulary

will:(名詞)意思・志・願望

platform:(選挙時に公表した)政策、綱領・意見を公表するための機会・有利な立場・演台・デッキ・プラットホーム・乗降口

block:遮断する・阻止する

relocation:【rilóʊkéɪʃən】(リロイション):移転

bulk:【bˈʌlk】(ルク):容量・かさ・大部分・巨体

military facility(ミリタリー ァシリティー)軍事施設

host:主人・迎え入れた客をもてなす人・宿主・受給者・開催地

Sentenceを分解して訳してみましょう

Newly elected Okinawa Gov. Denny Tamaki said Sunday

opposing the Japanese government’s plan to replace a key U.S. military base within the prefecture

is the will of local residents.

ピンクの部分は長いですがいっきに読んで、

ピンクの部分 is the will of local residents.”= ピンクの部分は、県民の意思だ」と言う意味になります。

said 以下には、言った内容が来ますが、ピンクの部分言った内容の主語にあたります。

 

新たに選ばれた玉城デニー知事は、日曜日に沖縄県内にアメリカの主要な軍事基地を移設する日本政府の計画への反対は、県民の意志であると言った。


In a speech at New York University,

he said he was elected as governor in September

on a platform of blocking the plan

but that the Japanese government “is forcing the relocation” against the will of Okinawa’s people.

ニューヨーク大学でのスピーチで、玉城デニー知事は、9月に沖縄県内にアメリカ基地を移設する計画を阻止すると言う政策のもと知事として選ばれたが、日本政府は沖縄の人々の意志に反して、移転を強行しようとしていると述べた。


Tamaki is in New York on his first tour of the United States since becoming governor.

He is scheduled to meet government officials and lawmakers

in his campaign against the transfer of U.S. Marine Corps Air Station Futenma within Okinawa,

where the bulk of U.S. military facilities in Japan are located.

玉城氏は知事になって初めてのアメリカへの訪問で現在ニューヨークにいる。彼は、にアメリカ海兵隊航空基地・普天間基地の沖縄県内移設に反対するキャンペーンの中で、政府関係者や議員たちに会う予定である。沖縄は、日本にあるアメリカ軍事施設の大半がある場所だ。

 


In the speech, he also called for action

by U.S. citizens

to join efforts to ease the burden of the prefecture in hosting the U.S. military bases.

ここでのbytoは、action にかかります。action by U.S. citizens=アメリカ市民による行動 / action to join efforts=努力に加わる行動

スピーチの中で玉城氏は、アメリカ市民に、軍事基地を抱える沖縄県の重荷を軽減することへの協力を呼び掛けた。

 


“I would like U.S. citizens, as well as Japanese citizens (outside Okinawa)

to think about solutions

and act together with us,”

the governor said before an audience of more than 100 people.

would like to ~=に~してもらいたい

ここのにあたる部分が、U.S. citizens, as well as Japanese citizens (outside Okinawa)になります。

 

「沖縄県以外の日本の人々とアメリカの人たちにも解決策を考えて欲しいし、私たちと一緒に行動して欲しい」と玉城氏は、100人以上の聴衆を前に訴えた。

記事によりますと

新たに沖縄県知事に選ばれた玉城デニー氏は、日曜日にニューヨーク大学で演説し、「沖縄県内のアメリカ軍事基地移設反対は、県民の意思である。」と訴えた。スピーチの中で、玉城知事は、「9月の知事選挙で、沖縄県内のアメリカ軍基地移設反対を掲げて当選したが、日本政府は沖縄県民の意志に反して、移転を強行しようとしている。私は沖縄県以外の日本人とアメリカの人たちにも解決を考えて欲しい。私たちと一緒に行動して欲しい。」と100人以上の聴衆を前に訴えた。

玉城氏は現在、人口密集地にある(populated residential area)宜野湾市(ぎのわんし)の普天間基地(ふてんまきち)の県外の移設を訴えているが、日本政府とアメリカは基地の辺野古(へのこ)移設を計画している。

玉城氏のアメリカ訪問は、10月に国土交通省(land minister) が、沖縄県の普天間への埋め立ての承認撤回(withdrawal)受け付けなかった(override)ことから、沖縄県側と日本政府との間での緊張が高まっている中での訪問である。

日本政府は11月に入ると辺野古の埋め立てを再開しはじめた。沖縄の辺野古移設の承認(approval)撤回(revocation)は、日本とアメリカの関係(Japan-U.S. relationship)を傷つけるという心配(concerns)からである。

沖縄県は、国と地方自治の間の紛争を解くための第三者専門家による国土交通大臣の決定の見直しの要求を考えている。一方、沖縄県民による住民投票(a prefectural referendum )を翌年行う準備をしている。

「沖縄県では、県民による住民投票に強い関心がある。住民投票の結果は、基地移転の今後( fate)に重大な意味を持つと思う。」と玉城氏は言った。

記事の背景

現在、普天間にあるアメリカ軍の基地は、記事でもあったように人口密集地に存在し世界一危険な基地と言われています。そのため、移設をすることになったのですが、沖縄県側は県外移設を希望、しかし日本政府とアメリカ側は宜野湾市にある辺野古に建設するよう計画を進めています。

沖縄県では、「名護市辺野古の新基地建設に伴う沖縄県の埋め立て承認撤回」を出していましたが、国土交通省がその撤回を無効にし11月1日、政府が工事を再開しています。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  2. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  3. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  4. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  5. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  6. マスクの専門店・八重洲にオープン
  7. 塩害に強いイネの品種を開発
  8. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  9. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  10. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
PAGE TOP