ソーシャルメディアのイメージ

US

SNSが人を孤独にして鬱にする【英語で読む】

Study Links Social Media to Depression, Loneliness

『研究・ソーシャリメディアは憂鬱と孤独につながる』

November 10.2018 VOA NEWSより

今日のSentence

University of Pennsylvania researchers say that for the first time they have linked social media use to increases in depression and loneliness.

The study divided the participants into two groups: The first group was allowed to maintain their normal social media habits. The other, the control group, was restricted to 10 minutes per day on each of the three platforms: Facebook, Snapchat and Instagram.

The restrictions were put in place for three weeks and then the participants returned and were tested for outcomes such as fear of missing out (FOMO), anxiety, depression and loneliness.

The results showed a very clear link between social media use and increased levels of depression and loneliness.

Vocabulary

link:関連付ける・~をつなぐ

divide O into ~: Oを~に分ける

control group:比較郡・対照群

Snapchat:スナップチャット=若者の間で人気を集めている無料のメッセージアプリ。SNS機能、メッセージ機能、写真・動画加工機能がある。無料。Snapchatの最大の特徴は、投稿したコンテンツが10秒間以内に消えること。「消える」ため気軽にメッセージを送れる。

put in place~:~に収める・設置する

fear of missing out (FOMO):(フォーモ)取り残されることへの恐れ=SNSなどをチェックしないことで、情報やチャンスを逃し自分だけが取り残されてしまうのではないかと不安になる感情

miss out:見逃す・経験しそこなう・見落とす

Sentenceを分解して訳してみましょう

University of Pennsylvania researchers say

that for the first time they have linked social media use to increases in depression and loneliness.

ペンシルベニア大学の調査で、ソーシャルメディアの使用と憂鬱・孤独の増加がつながっていることが初めて報告された。

 

The study divided the participants into two groups:

The first group was allowed to maintain their normal social media habits.

The other, the control group, was restricted to 10 minutes per day on each of the three platforms: Facebook, Snapchat and Instagram.

その研究で、参加者は、2つのグループに分けられ、初めのグループは、いつものソーシャルメディアの使用を許され、もう一方の比較郡では、毎日10分間のフェイスブック、スナップチャット、インスタグラムの使用のみが許された。

 

The restrictions were put in place for three weeks

and then the participants returned and were tested for outcomes such as fear of missing out (FOMO), anxiety, depression and loneliness.

The results showed a very clear link

between social media use and increased levels of depression and loneliness.

その制限は3週間続けられ、参加者はその後見逃したことへの恐れ (FOMO)や不安、ゆううつ、孤独などについてのテストをされる。その結果は、とても明白にソーシャルメディアの使用と、ゆううつと孤独のレベルの増大との関係を示した。

記事によりますと

SNSと精神的不安との関係

ペンシルベニア大学で、SNSと憂鬱(ゆううつ)・孤独の関連性についての調査が行われた。

研究では、143人の参加者を集め2つのグループに分け、1つのグループはいつも通りのSNSを使用してもらい、もう一つのグループはフェイスブック・スナップチャット・インスタグラムの3つのSNSを1日10分に制限する。

その状態を3週間続けた後、各々に『見逃したことへの恐怖(fear of missing out (FOMO)』『不安(anxiety)』『ゆううつ(depression)』 『孤独( loneliness)』について調査したところ、普段通りにSNSを使っていた方が、より強く『見逃したことへの恐怖(fear of missing out (FOMO)』『不安(anxiety)』『ゆううつ(depression)』 『孤独( loneliness)』を感じていたという結果が出た。

SNSを使う時間を少なくすれば、ゆううつや孤独が劇的に減るとのことである。

どうしてソーシャルメディアは人から元気を奪うのか?

今回、この調査実験を行ったペンシルベニア大学の心理学者(psychologist)の Melissa Hunt氏によると、SNSを使うと精神的に元気がなくなるのには2つの原因があると言う。

1つは、SNSを見ると、他人がかっこよく見え、楽しいことをやっていたり、多くの事に参加しているように見える。そして、自分はそれに取り残されたように感じるという。Melissa Hunt氏はこの現象を“downward social comparison.” (下方に向かう社会的な比較)と言う。

2つ目の原因は、SNSを使う事で日常の大事な時間が奪われるという事。SNSを使う時間は本来、仕事をしたり、友達と夕食を食べたり、ルームメイトとじっくり話をしたりできた時間である。この様な生な人とのつながりが、自尊心と自己価値を高める(self-esteem and self worth )事につながるとMelissa Hunt氏は言う。“Time is a zero-sum game,”(何かに時間を使えば、その他の事をする時間がその分少なくなる。)』という事だ。

Melissa Hunt氏の今回の調査は、18歳から22歳の人を対象に行ったが、世代によって「SNSと精神的不安定さの関係」がどう変化するかについては、この調査では不明であるとのこと。しかし、彼女は、SNSを使えば元気がなくなると言う傾向は30代までの人には少なくとも当てはまると見ている。

そう言えば

”Social media”- 社会とつながるための道具が、より孤独を感じさせると言うのは何とも皮肉なことです。

今回、この研究を発表したMelissa Hunt氏は、私たちが精神的に元気になるためには、”put your phone down and be with the people in your life,” 「あなたの携帯を置きなさい。そして生活の中で人と一緒に過ごすことです。」と言っています。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 2020年度 第2回 英検準2級 訳と解説②
  2. 2020年度 第2回 英検準2級 訳と解説①
  3. アマビエの絵馬で疫病退散!春日大社
  4. ノーベル化学賞・2人の女性ゲノム編成で
  5. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  6. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  7. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  8. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  9. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  10. マスクの専門店・八重洲にオープン
PAGE TOP