中国の新華社AIのTwitter

Asia

中国|AIキャスター・ニュースを報道

World’s first AI news anchor unveiled in China

『世界で初めてのAIのニュースアナウンサーが中国で登場』

(写真)China Xinhua News の Twitterより

まるで本物のニュースキャスターのように見えるAIキャスターが中国に登場したそうです。一日24時間、365日いつでも、どこからでもニュースを報道してくれる『疲れを知らないAIキャスター』。世界で初めてだそうです。

詳しく記事を見てみましょう。

9.November 2018 The Guardian より

英語ニュースが伝える中国のAIキャスター

China’s state news agency Xinhua this week introduced the newest members of its newsroom: AI anchors who will report “tirelessly” all day every day, from anywhere in the country.

Chinese viewers were greeted with a digital version of a regular Xinhua news anchor named Qiu Hao. The anchor, wearing a red tie and pin-striped suit, nods his head in emphasis, blinking and raising his eyebrows slightly.

“Not only can I accompany you 24 hours a day, 365 days a year. I can be endlessly copied and present at different scenes to bring you the news,” he says.

Vocabulary

Xinhua:新華社=中国の国営通信社。正式名称は新華通訊社。(新華社通信 しんかしゃつうしん)

anchors:テレビ,ラジオの総司会者・ニュースキャスター

greet with~:~と挨拶する・~を迎える

pin-striped(ピン ストイプ):細かいストライプ模様

blink 【blíŋk】(ブリンク):まばたきする

slightly:かすかに

英語ニュースの訳

China’s state news agency Xinhua this week

introduced the newest members of its newsroom

: AI anchors who will report “tirelessly” all day every day,

from anywhere in the country.

中国の国営ニュース社・新華社通信は、今週新しいメンバーをニュースルームに採用した。すなわちAIのキャスターで、彼は『疲れを知らず』一日中毎日、中国のどこからでもニュースを報道する。

 

Chinese viewers were greeted with a digital version of a regular Xinhua news anchor named Qiu Hao.

The anchor, wearing a red tie and pin-striped suit,

nods his head in emphasis, blinking and raising his eyebrows slightly.

中国の視聴者は新華社ニュースのレギュラーキャスタ―のデジタル版、名前はQiu Haoと対面した。そのキャスターは、赤いネクタイと細いストライプのスーツを身に付け、強調する時はうなずき、まばたきをし、まゆげをほんの少しあげる。

 

“Not only can I accompany you 24 hours a day, 365 days a year.

I can be endlessly copied

and present at different scenes to bring you the news,” he says.

「私は1日に24時間、1年に365日皆さまとご一緒できるだけでなく、皆さまにニュースをお届けするために、私は際限なくコピーすることができて、違う場所に現れることができます。」と彼は言った。

The Guardianが伝えるAIキャスターとは

中国で世界初めてのAIのキャスター登場

中国の国営ニュース社・新華社通信は今週新しいメンバーを採用。それは、AIのキャスター。新華社通信は、ニュースの制作費を削減し、速報性の向上も期待できるとそのメリットを説明。このAIキャスターを公式サイト/アプリやSNSなどに配置する。

2名のAIキャスターは『疲れ知らず』。一日中そして毎日、中国のどこからでもニュースを報道することができる。「私は1日に24時間、1年に365日あなたとご一緒できるだけでなく、皆さまにニュースをお届けするために、私は際限なく(endlessly)コピーすることができて、違う場所に現れる(present )ことができます。」とAIキャスターQiu Haoは視聴者に挨拶した。

中国語と英語の2名のAIキャスターの特徴

中国の国営ニュース社・新華社通信のAIキャスターは2名。AIキャスターは、まるで人間のような表情で、うなずき、まばたきを人間の様に自然に行い、まゆげもかすかに上がったりする。

AIキャスターの一人は中国語を話す。名前は、Qiu Hao。赤いネクタイにストライプのスーツ姿のAIキャスターは、実在するのQiu Hao氏をモデルにしたとのこと。

もう一人は英語バージョン(English-speaking AI)。実在のニュースキャスターZhang Zhao氏がモデル。「国際的に進歩した技術(international advanced technologies)統合(integration)メディア産業の発展(the development of the media industry)には必要です。」と付け加え、世界にニュースを発信する意気込みを見せる。

 

新華社(Xinhua)と搜狗(Sogou)とで開発されたAIキャスター

AIキャスターは、中国国営放送の新華社と中国の検索エンジンの会社・搜狗(Sogou)で開発された。

machine learning(機械学習)を使用し開発。(machine learningとは、人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピューターで実現しようとする技術・手法のこと。)人間の声やしぐさを学習したとのこと。

中国の世界インターネット会議でお披露目された

この2名のAI キャスターは、中国の世界インターネット大会( China’s annual World Internet Conference)でお披露目された。開催場所は、烏鎮(うちん)。烏鎮(うちん)には、世界インターネット大会の永久開催施設インターネット国際会展センターがある。

烏鎮の水路

By Dishio 烏鎮の水路

中国の情報技術の発展と市民監視への懸念

中国では、世界でも最も大きなテクカンパニー(the world’s largest tech companies )がいくつかあり、また8億人のインターネットユーザーがいるのだが、世界の中で最もインターネットが管理されている(controlled)国でもある。

虹彩(iris)認識や歩行認識(gait recognition)の技術を使って、活動家の監視(monitor activists)や、新疆ウイグル自治区(Xinjiang)のようなエスニックマイノリティー(ethnic minorities)普通の市民(regular citizens)の監視などに使用されないかと懸念する声もある。

AI技術の他の応用

中国のAI技術はAIキャスターだけでなく、Uncle Kai と呼ばれる人気のある本を読んでくれるアプリも紹介された。搜狗(Sogou)の社長である Wang Xiaochuan 氏は、『将来、物語を読んでくれるお父さんやお母さんにもなれます』と本を読んでくれるアプリ Uncle Kai をインタビューの中で紹介した。

そう言えば

今回記事で取り上げられたAIのニュースキャスターは、原稿を渡されてそれをまるで人間の様に読むことができるAIキャスターでした。

今後のAIの発展で、ネットやその他の媒体から自ら情報を集め分析し、自ら原稿を作って報道するAIが出てくるのかもしれませんね。私がぼーと生きている間に世界は急激に変わってきています。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  2. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  3. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
  4. US西海岸の深刻な山火事の原因は?
  5. 西海岸・山火事・同時に多発し消火困難
  6. 大坂なおみ選手・全米オープンで優勝
  7. コロナ現場で働く人・世界で少なくとも7000人死亡
  8. モンゴル自治区で中国語での授業にボイコット
  9. 死んだと誤診された女性「実は生きていた!」葬儀屋が発見
  10. clothとclothesの違い
PAGE TOP