Typhus Cases Rise in Los Angeles, Several Other US Cities

US

チフス・アメリカ南部で増加中

Typhus Cases Rise in Los Angeles, Several Other US Cities

『チフスはロサンゼルスやその他のアメリカの都市で増えている』

 

みなさんこんにちは。いかがお過ごしですが。今日は、アメリカでチフスが増えていると言う信じがたいお話です。ここでのチフスは、ネズミやペットなどに付いているノミが持っているバイキンが(ここでは、リケッチア)が人に感染し起こる伝染病です。

VOAニュースから取り上げました。

October 21, 2018 VOA NEWS より こちらで全英文見られます。音声もありますよ。

今日のSentence

Typhus, a bacterial infection that is sometimes life threatening, is on the rise in Los Angeles and several other U.S. cities. Public health officials say homelessness is making the problem worse and that the disease, which is associated with poverty and poor sanitation, is making a comeback in the United States.

This kind of typhus is spread by fleas on rats, opossums, or even pets

The risk is higher when people live on the streets in proximity to garbage, but the disease seems to be spreading through the Southern United States.

Vocabulary

typhus:【tάɪfəs】(イファス):チフス

チフスにはいくつかのタイプがある。

epidemic typhus=(発疹チフス)は衣服に付くシラミやダニが媒介し、特に戦争下でしばしば大流行を起こす。

scrub typhus=(ツツガムシ病 )はダニが媒介。

今回記事になっているのは、Flea-borne typhus、Endemic typhus、 shop fever typhus、Murine typhus(いずれも同じチフスで呼び方が違う)症状は熱、体の痛み、頭痛、発疹が特徴。ネズミやペットのノミからうつる。

life threatening:生命を脅かす

on the rise:上昇中で・上昇傾向で

homelessness:homeless(形容詞)の名詞形

be associated with:関係する・関係づけられる

make a comeback:後戻りする・復活する

flea:【flíː】(フー):ノミ

rat:【rˈæt】(ット):ねずみ 一般的に「ラット」は食べ物を食い荒らす野生の害獣としてのネズミ。大きなネズミの事を言う。「マウス」は小型で可愛らしい、ペットとして扱われるネズミ。

オポッサム

オポッサム

opossums:【əpάsəm】(オッサム):オポッサム:オポッサムは、外見はネズミに似ている。カンガルーやコアラと同様に腹に子供を育てる袋をもつ有袋類である。フクロネズミとも呼ばれる。

proximity:【prɑksíməṭi】(プラクマティ):近いこと

Sentenceを分解して訳してみましょう

Typhus a bacterial infection that is sometimes life threatening,

チフス 細菌性の感染症で それはときどき命を脅かす

is on the rise in Los Angeles and several other U.S. cities.

は、ロサンゼルスと他のUSの都市で上昇中である

 

Public health officials say

公的な保健機関は言う

homelessness is making the problem worse

ホームレスの状態であるという事が、その問題をより悪くしている

and that the disease, which is associated with poverty and poor sanitation,

そして  この病気 それは、貧困と貧しい衛生状態に関連しているのだが、

is making a comeback in the United States.

アメリカで復活してきている

 

※public health officials say

homelessness is making the problem worse

and

that the disease, which is associated with poverty and poor sanitation,is making a comeback in the United States.

ここでは、

say ① and ② で「①と②を言った。」と考えます。公的機関は、①「ホームレスの状態であるという事が、その問題をより悪くしている」という事と、②「その病気はアメリカで復活している」の2点を言ったと言う意味です。

 

※that the disease(, which is associated with poverty and poor sanitation,)is making a comeback in the United States.の部分は、

(, which is associated with poverty and poor sanitation,)は挿入されていています。(  )の部分をいったん無視して文を眺めてみると

that the disease is making a comeback=「この病気は復活している」と文が見えやすくなります。

 

※(, which is associated with poverty and poor sanitation,)の部分では、 diseaseが先行詞で、「その病気とは貧困と貧しい衛生環境に関連しているのだが、」と言う意味で、diseaseをより詳しく説明しています。

 

 


This kind of typhus is spread by fleas on rats, opossums, or even pets

このタイプのチフスは、ラットやオポッサムやペットに生息するノミによって、広がる。

The risk is higher when people live on the streets in proximity to garbage,

この危険性はより高くなる 人々がゴミの近くの道で暮らすときに

but the disease seems to be spreading through the Southern United States.

しかしこの病気は南部のアメリカ合衆国を通して、広がってきているようである。

もう一度Sentenceを見て訳してみましょう

Typhus, a bacterial infection that is sometimes life threatening, is on the rise in Los Angeles and several other U.S. cities. Public health officials say homelessness is making the problem worse and that the disease, which is associated with poverty and poor sanitation, is making a comeback in the United States.

This kind of typhus is spread by fleas on rats, opossums, or even pets

The risk is higher when people live on the streets in proximity to garbage, but the disease seems to be spreading through the Southern United States.

チフス、それはときどき命を脅かす細菌性の感染症だが、ロサンゼルスと他のアメリカの都市で増えている。公的な保健機関は、ホームレスである状態がその問題をさらに悪くしており、その感染症は、貧困と貧しい衛生状態に関連し、現在アメリがでチフスが復活してきていると言う。このタイプのチフスは、ラットやオポッサムやペットのノミから広がる。この危険性は、人々が、ごみの近くの道路で暮らすと高くなる。しかしこの感染症は南部のアメリカに広がってきているようである。

記事によりますと

アメリカ南部で増えているチフス

ネズミやオポッサムやペットのノミから広がるチフスが、ロサンゼルスと他のアメリカの都市で増えている。貧困と貧しい衛生環境が原因で、ホームレスである状態がチフスの感染を増加させる。南部のアメリカに広がってきていて、チフスの脅威がアメリカに復活している。

Peter Hotez教授によると、チフスは増えて生きていると言う。アメリカ南部を横断する形で、南カルフォルニア(Southern California)からメキシコの国境沿い( along the Mexican border)はたまたフロリダ(Florida)のガルフ海岸(Gulf Coast)まで広がってきている。

テキサス州では、昨年519件のチフスの報告があり、2010年の3倍に上っているとのこと。

アメリカ疾病予防管理センター(U.S. Centers for Disease Control and Prevention)の報告では、 ダニ( ticks)ノミ( fleas )蚊( mosquitoes)などから媒介して移る伝染病、“vector-borne” diseases(節足動物媒介の伝染病) は、アメリカで2004年から2016年で2倍以上にも増えているとのこと。

Flea-borne typhusとは

今回のチフスは、大流行を起こすチフス(epidemic typhoid)とは違うタイプのチフスで、ノミから出るチフス(Flea-borne typhus)であるという事。このタイプのチフスは、駆除(clear up)が可能で、抗生物質がよく効く( responds to an antibiotic)タイプのチフスである。

「このタイプのチフスは、早めに治療を受けると治る。しかし、より重い合併症(more severe complications)を伴い死に至ることも稀にある。」と教授は警告する。

チフスが増えた原因とは

チフスが増えてきた理由には、移住(migration) 都市化(urbanization)気候変動( climate change)が考えられると専門家の Hotez氏は言う。『世界では、まだチフスは、戦争や不安定( instability)な社会と関連している。中東(Middle East)北アフリカ( North Africa)中央アジア( Central Asia)東アフリカ(East Africa)ベネズエラ(Venezuela)などの政治的に不安定(the political instability )な場所や紛争地区(conflict zones)などである。

Hotez博士は、先進国の人口密度が高い街の貧困地区で、動物を介在するチフスの様な伝染病は増えてきていると言う。

私たちがチフスに関して真剣に向き合わないと、今後、伝染病(communicable disease)は増えていくとSkid Row医師は警告する。

ロサンゼルス当局は、 53,000人のホームレスの人たちに住む場所を提供するように努力している。有権者 (voters)は、2016年と2017年にそのために税金を使う事に賛成している。

そう言えば

今日話題になったチフスは、Flea-borne typhusというチフスで、Endemic typhus, shop fever typhus, Murine typhus などと言う呼び名もあるそうです。

症状は、熱・頭痛・寒気・体の痛み・発疹などだそうです。ネズミ・ペットについているノミが病原体であるリケッチアを持っていて、ノミを介して人にリケッチアが感染することでチフスになります。

貧困や不衛生、戦争などが普段は防げる病気を流行らせてしまうという事は、よく心にとどめておきたいですね。

 



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  2. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  3. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  4. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  5. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  6. マスクの専門店・八重洲にオープン
  7. 塩害に強いイネの品種を開発
  8. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  9. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  10. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
PAGE TOP