Justiceの意味 ジャイアン

単語

justice・イメージと意味と覚え方|意外な意味を持つ単語

簡単で、よく見かける単語なのに、意外な意味をもっている単語。ニュース記事で見つかったらその都度、ここに挙げてまとめていきたいと思います。

justice (ャスティス)

「正義」がすぐ思いつきますが、その他にも、「報い」・「当然の報酬」・「処罰」などの意味があります。

 

オックスフォード英英辞典では、次のように書かれていました。

 

1 「人への公平な扱い」

例)They are demanding equal rights and justice. (彼らは、平等の権利と公平な扱いを要求した。)

2 「公平で分別のある素質」=これは、要するに日本語では「正義」・「正しさ」・「妥当性」ということでしょう。

3 「犯罪者を裁くときに使われる法的なシステム」=これは、要するに日本語では「処罰」「刑罰」

4 「裁判所での判断」=要するに日本語では「判決」

5 「裁判官の名前の前につける」

例)Mr Justice Davies (デイビス裁判官)

覚え方

人に大切な事は、「公平」であること。

例え、相手がジャイアンでも、『ダメなものはダメ!』と毅然(きぜん)とした態度で臨まなければなりません。

その様な強い心を「正義」と言います。正義とは「正しいこと」をすることです。

「正しいこと」を破って法律を侵すと「処罰」され「刑罰」を受けます。その「刑罰」は、裁判所の「判決」で決められます。

と、Mr Justice Daviesことデイビス裁判官」が言っていました。

ジャイアン

 

英語のニュース記事のここで出てきました  justice

  ・・those who stabbed the doll representing their boss felt a greater sense of fairness and justice.

(上司に見立てたブードゥー人形に針を刺した人たちは、大いに公平さと妥当性を感じた。)

イグノーベル賞のニュース記事で出てきました。イグノーベル賞を取ったその研究では、自分をいじめた上司に見立てたブードゥー人形に針を刺して拷問した人たちは、そうでない人に比べて、精神的に元気になったということがわかりました。

本当は、きつく当たった憎い上司に仕返しがしたいができないので、人形に針を刺すことでやつあたりします。でも、これで少しは気がおさまり、「おあいこである」、「平等」「妥当」「公正」を感じたという事なのでしょう。

前のページ

次のページ



PAGE TOP