with

単語

with の使い方をまとめました

withのイメージ

~といっしょに
~がくっついている

withのイメージ

これさえ覚えておけば、ほどんど大丈夫です。

このイメージを大事にしてください。

 

英文を日本語にする必要がある時は、頭の中で、

その英文が表す状況を思い浮かべて

withの意味を考えてる人

 

 

withの訳し仕方を日本語的にしっくりくるように訳せばいいのです。

要は、半分は日本語の問題です。

 

 

以下に、withについて、微妙なニュアンスがわかるように、例題をのせましたので、「何かと一緒」「くっついている」「付随している。」「同伴している」イメージを、きれいな日本語でどう表現すればいいのかを見てみましょう。

<例文>

He bought a house with a swimming pool.彼は、スイミングプール付きの家を買った。

I don’t have any money with me.(私は、お金を持っていません。(どんなお金かと言うと)私にくっついているお金。) 私はお金を持っていません。

I agree with you. あなた同じ意見です。

I ‘m busy with my homework. (私は、宿題と一緒で忙しい。)→ 私は宿題をやるのに忙しい。

I wrote down my name with a ball-paint pen. 私は、ボールペン自分の名前を書いた。

また、 with は前置詞です。 with の後には名詞が来ます🐵。

 

 

「付帯状況の with 」について

もう少し複雑になってくると、with に付いた名詞に現在分詞や過去分詞を付けて、その名詞をもっと詳しく説明したパターンがあります。始めの「・・・・広島市長が核兵器のない世界を呼びかかていた。」の例文も、このパターンです。

with + 名詞 + ~ing=「名詞が~している状態で」

with + 名詞 + ~ed =「名詞が~されている状態で」

ここでも、 with は

She told me the story with her eyes shining. 

彼女は、目を輝かせながらその話をした。

「彼女は、私に物語を話した」ことに、「彼女の目が輝いている」ことが、くっついている、付随しているイメージです。

 

He listened to me with his eyes closed. 

彼は目を閉じて私の話を聞いた。

※ここで、「閉じて」がどうしてclosed(過去分詞)になるのか?「閉じながら」だから、ingがつくのではないのか?

目は「目」自身が自ら閉じたり開いたりするものではなく、目を開く/閉じるので、は人によって開かれる/閉じられる ものだと英語では考えます。よって、ここでは

「名詞が~されている状態で」の

with + 名詞 + ~ed (過去分詞)

を使います。

付帯状況withの説明

 

 

「付帯状況の with 」には、他に3つの使い方があるの覚えておくと便利です。

with + 名詞 + 形容詞

I cleaned the room with the door open.

ドアを開けたままでその部屋を掃除した。

 

with + 名詞 + 副詞

She was studying with the television on. 

彼女はテレビを付けたまま勉強していた。

※ここでのon副詞です。onには『前置詞』『副詞』があります。『副詞』onは、「ずーっと何かをし続けている」の意味をあらわします。

(例) He worked on without a break.(彼は休みを取らずにずっと働き続けた。)

 

with + 名詞 + 前置詞

She stared at me with tears in her eyes. 

彼女は眼に涙をため、私をじっと見た。

泣いている女性

 


【発展】ニュースの記事の抜粋です。こんな感じでwithは出てきます。下の英文を訳してみましょう。

Hiroshima marked the 73rd anniversary of the  atomic bombing , with its mayor making a call for a world without nuclear weapons.

これは、2018年8月6日の共同ニュースの英語版です。

Hiroshima marked the 73rd anniversary of the  atomic bombing 

(広島は、73回目の原爆記念展をおこなった。)

ことと

its mayor making a call for a world without nuclear weapons.

(核兵器のない世界を呼びかけている広島の市長)

 

が、with によって、

「くっついている。」「一緒だ。」

という事が表されています。

 

日本語にすると、「原爆記念式典を行い、そこで広島市長は核兵器のない世界を呼び掛けた。」などがぴったりあてはまります。

 

とにかくwithは、

「何かがくっついている。」

「何かと一緒になっている。」ということです。

 

最近の記事

  1. 英語の短縮形
  2. 助動詞の例
  3. コロナウイルスは男性の方が死亡しやすい
  4. 新型コロナウイルスイラスト
  5. NASAの日本の台風の写真
  6. 千葉県犬吠岬
  7. 福島のさくらんぼ

関連記事



本サイトが紹介されました!

えいごログ

おすすめ記事

  1. 太平洋を泳いで、銚子からサンフランシスコへ!
  2. US Museum Shows History of Tee…
  3. 嵐、自然がニューヨークの死の島の骨を露わにしている
  4. 8人の救出されたタイの少年・健康状態良好。残るは5人
  5. 耳を腕の中で育てる?!
  6. ニューヨーク・タイムズが伝える日本の文化|アメフトタックル問…
  7. ベネズエラ危機:背後には大国が
  8. 空飛ぶ車・東京オリンピックの聖火点火に
  9. 新型バービー人形は、ロボットエンジニア。プログラムミング教材…
  10. Huge Chocolate Spill Creates S…
PAGE TOP