北極 地球温暖化

Science & Health

世界の異常気象「気候変動と関係」 

UN Issues New Warning on Climate Change

 

みなさん。こんにちは。お元気ですか。

今日も、英語のニュースを読んで、知ってる単語を増やして、長文に慣れていきましょう!

最近、異常気象と言えるニュースを最近たくさん耳にしますが、WMO世界気象機関が、「異常気象は『気候変動』『地球温暖化』と関係する」と報告したニュースです。

では、詳しく記事を見てみましょう。

July 25, 2018 VOA NEWS より

今日のSentence

In a new warning, the U.N.‘s World Meteorological Organization said the world is becoming increasingly vulnerable to the impact of climate change. It said this phenomenon is due to many factors and is not occurring at the same rate or degree around the globe.

Parts of the world are feeling the strain of record-breaking heatwaves, drought, devastating floods and raging wildfires. They are having a widespread impact on human health, agriculture, ecosystems and infrastructure.

Vocabulary

U.N.:united nation=国際連合

World Meteorological Organization:世界気象機関

vulnerable to~:【vˈʌln(ə)rəbl】(ネラブー)~に対して弱い・被害を受けやすい

phenomenon:【fənάmənὰn】(ェノミナン):現象・事象・驚異(的なもの)、

strain:【stɹeɪn】(ストイン):(動詞)ピンと張る・(名詞)緊張・重圧・試練

raging:【reɪdʒɪŋ】(イジン):激怒した、荒れ狂う、猛烈な、ひどい

infrastructure 【ɪ̀nfrəstrʌ́ktʃɚ】(インフラストクチャー)社会に必要な基本的施設・社会基盤・(電気・ガス・水道・鉄道・道路などの)生活の基礎となる設備。

Sentenceを分解して訳してみましょう

In a new warning, the U.N.‘s World Meteorological Organization said 新しい警告の中で、国際連合の世界気象機関は言った

the world is becoming increasingly vulnerable to the impact of climate change. 世界は、ますます気候変動の影響を受けやすくなっている

 

It said this phenomenon is due to many factors 世界気象機関は、この現象は多くの要因によるものだと言った

and is not occurring at the same rate or degree around the globe. そして、地球全体で、同じ速さや、同じ程度で起こっているのではないと

新しい警告の中で、国際連合の世界気象機関は、世界は、ますます気候変動に影響を受けやすくなっており、この現象は多くの要因によるものだと行った。またこの変化は、地球上で同じ速さや、同じ程度で起こっているのではないと言った。

 

Parts of the world are feeling the strain  世界の一部では緊張を感じている

of record-breaking heatwaves, drought, devastating floods and raging wildfires. 記録破りの熱波、干ばつ、破滅的な洪水、猛烈な山火事の

They are having a widespread impact それらは、広範囲な影響を与えている。

on human health, agriculture, ecosystems and infrastructure. 人の健康、農業、生態系、インフラに

世界の一部では記録破りの熱波、干ばつ、破滅的な洪水、猛烈な山火事への緊張がある。それらは、人の健康、農業、生態系、インフラに広範囲な影響を与えている。

 

記事によりますと

国際連合の世界気象機関は、「世界は、ますます気候変動に対して脆弱になっており、一部では記録的な熱波、干ばつ、破滅的な洪水、猛烈山火事が深刻で、健康、農業、生態系、インフラに影響を与えている。また、地域によって気候変動の速さや、程度が違っている。」と報告。

WMO世界気候機関は、気候変動は様々な程度で(varying degrees)影響を与えていると報告している。

WMO世界気候機関の調査プログラムの所長(chief)のPaulo Ruti氏によると、気候変動と識別できる(discernible)パターンはない。しかしある地域では、気候変動の影響はますます(increasingly)あからさまになっている。例えば、Paulo Ruti氏は「北極(Arctic)で山火事を見たことがある。」そうだ。その様な現象は、気候変動に関連していると言えそうだ。

Paulo Ruti氏によると、他の興味深い要因として、嵐と雷の増加があり、それらは、北極(Arctic)での火事の引き金(trigger)となるとのこと。また、Paulo Ruti氏は「気候変動はある地域では、予測よりも早く起きている。」と言っている。

また、Paulo Ruti氏は「気候変動が起きているかどうかは、どの場所を考えるかで、答えは違ってくる。北極では、気候変動が起きていると言うべきだろう。ここ5,6年で氷の溶解(melting)加速(acceleration)が起こるだろう。」とも言っている。

WMO世界気象機関野の科学者Paulo Ruti氏は、地球温暖化が起きているかは、背景を考える(be put into context)必要があると言っている。Ruti氏は地球温暖化と砂塵嵐(sand or dust storms)には関連はないとしている。

 

※気候変動=climate change=気温、降水量、雲など気候の変化。特に環境問題では、地球温暖化とその影響を気候変動と言うことがある。

※地球温暖化=global warning=気候変動の一部で、大気や海洋の温度が長期的に上昇する現象。温室効果ガス(CO2やメタンなど)の人為的要因や、太陽エネルギーの変化などによるものだと言われている。

そう言えば

最近の異常な暑さや西日本豪雨など、過酷な気象は日本で続いてます。

この異常な暑さは、日本だけではなく、世界のいろいろな場所で見られているようです。

例えば、

北極圏では30℃を越えた。

ノルウェー北部バルドゥフォスでは17日に33.5℃を記録。

スウェーデンでは今月半ばに50カ所以上で森林火災が発生した。

ギリシャのアテネ近郊でも山火事が発生し、70人以上の死者が出た。

カリフォルニア州のデスバレー国立公園では8日、52℃を観測した。

ロサンゼルス近郊のチノでも48.9℃に達した。

中東ではオマーンの首都マスカット近郊で6月28日、1日を通して気温が42.6度までしか下がらなかった。

北アフリカでも各地で熱波が襲い、アルジェリアのサハラ砂漠では5日に51.3度を記録した。

モロッコでも43.4度を記録した。

などです。

WMOの見解では、この異常な気温の高さは、地球の気候が大きく変わっている(気候変動)の結果なのかは、はっきりと言えないが、北極では当てはまるのではないかという事のようですね。

気候変動については、地球や太陽なども考慮に入れるので、研究対象の規模がとても大きく、要因を限定するのは難しいということででしょうか。



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 2020年度 第2回 英検準2級 訳と解説②
  2. 2020年度 第2回 英検準2級 訳と解説①
  3. アマビエの絵馬で疫病退散!春日大社
  4. ノーベル化学賞・2人の女性ゲノム編成で
  5. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  6. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  7. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  8. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  9. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  10. マスクの専門店・八重洲にオープン
PAGE TOP