名詞+ing と名詞+~ed の説明図

3.名詞+分詞句

3.名詞+~ing / 名詞+~ed

日本語と英語の違い

日本語では、「本を読んでいる女の子」(説明→名詞)   :説明を先に言って最後に名詞(女の子)を言います。

英語では、”the girl reading a book” (名詞→説明)        :先に名詞(the girl)を言ってその後、説明をします。

日本語はまわりからを説明して最後に核心にせまり、英語は核心をついて後から説明していく感じです。

名詞を言って、後からその名詞について説明する英語の用法第3弾。ここでは、名詞の後に分詞をつけて、名詞の説明をする用法について説明します。



名詞+Ving = ~している名詞

Police investigating the crime found the suspect.(その事件を捜査している警察は、容疑者を見つけた。)

Do you know the girl talking with Tom? (トムと一緒に話している少女を知っていますか?)

The road leading to the airport was very crowded. (空港へ続くはとても混んでいた。)

下線部を分詞句と言います。

※下線の中を見てください。名詞とVingの関係は、主語と動詞です。ingをつける場合は、下線部の動詞の実行者が名詞です。

例)Police investigating the crime found the suspect.(その事件を捜査している警察は、容疑者を見つけた。)

police「警察」が”investigating” 「捜査している」→investしているのは警察

 


名詞+Ved = ~された名詞(受け身的な感じ)

The boys trapped in the cave are alive. (洞窟に閉じ込められた少年達は、生きている。)

The girl injured int the accident was taken to the hospital. (その事故でけがをした少女は病院に連れられた。)

injure=「(誰かに)けがをさせる。」と言うのがもともとの意味。「私はけがをした。」と言う日本語を英語にするなら、injureを使って、I was injured. と受動態で言う。「私はけがをさせられた。」というニュアンス。

The police never found themoney stolen in the robbery. (警察はその強盗で盗まれたお金を二度と発見できなかった。)

※盗む:steal-stole-stolen(現在型)ー(過去形)ー(過去分詞型)の様に不規則動詞は、過去分詞の型が ~edではないことに注意。

※下線の中を見てください。名詞とVedの関係は、名詞が「誰かに~された」と言う、下線部の動詞の対象が名詞です。(名詞はその動詞の目的語です)

下記のページで、名詞を後から詳しく説明る用法のすべてを載せています。

その他の名詞を後ろから修飾する言い方はこちらで





本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 中国で3種のワクチン・既に数十万人に摂取
  2. コロナ禍で浮き彫りになる事実婚の医療の心配
  3. ブラック・ライブズ・マターのマスクを着けた教師が解雇される
  4. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  5. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  6. マスクの専門店・八重洲にオープン
  7. 塩害に強いイネの品種を開発
  8. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  9. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  10. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
PAGE TOP