コード・クリサリス

Japan

シリコンバレー式ブーツキャンプ。日本の企業のリセットをねらう。

Silicon Valley-Style Coding Boot Camp Seeks to Reset Japan Inc.

みなさんこんにちわ。いかがお過ごしですか。

今日は、コンピューターのプログラミングスクールのお話です。ソニーの元社長出井 伸之氏が設立したプログラミングスクールは、シリコンバレー仕込みの講師が英語でプログラミングを教える”ブートキャンプ”だそうです。どんなスクールなのかその目的とは?

詳しく記事を見てみましょう。

VOA NEWS June 20, 2018より

🙈今日のSentence🙈

Barely six months after inaugurating a tiny software-coding boot camp in a basement in Tokyo, Silicon Valley transplant Kani Munidasa stood before some of Japan’s top business leaders in February with a warning: software was threatening their future.

A Sri Lankan native with a Japanese mother and wife, Munidasa was speaking at the invitation of Nobuyuki Idei, a former chief executive of Sony.

Idei had offered to become an adviser to the boot camp, called Code Chrysalis, whose mission of bringing Japan’s software engineering up to global standards and helping its companies transform aligned with his own.

Barely【béɚli】(アリー):かろうじて・やっと

inaugurae【ɪnˈɔːgjʊrèɪt】:始める・発足する

software-coding:ソフトウエアを一定のプログラム言語を用いて作成すること

boot camp:米海軍新兵訓練プログラム・技能を身に付けるための短期集中トレーニング

basement:【basement】(ースメント)地下室

transplant【trænsplˈænt】(トランスプント):(動)移植する・(名)移植

aligned【əlάɪn】(アイン):〈団体・国などを〉〔…と〕提携[団結]させる 〔with〕

 

Barely six months after inaugurating a tiny software-coding boot camp in a basement in Tokyo, Silicon Valley transplant Kani Munidasa stood before some of Japan’s top business leaders in February with a warning: software was threatening their future.

小さなソフトウエア・コーディングのブーツキャンプが東京の地下室で開催されたほんの6月後、シリコンバレー仕込みのKani Munidasaさんは、2月に日本のトップビジネスのリーダーの一人の前に立った。その時、彼は、ソフトウエアは日本の将来を脅しているという警告を聞かされた。

 

A Sri Lankan native with a Japanese mother and wife, Munidasa was speaking at the invitation of Nobuyuki Idei, a former chief executive of Sony.

スリランカ出身で日本人の母と妻を持つMunidasaさんはソニーの元最高責任者だったNobuyuki Idei(出井 伸之)氏に誘われた。。

 

Idei had offered to become an adviser to the boot camp, called Code Chrysalis, whose mission of bringing Japan’s software engineering up to global standards and helping its companies transform aligned with his own.

出井氏は Code Chrysalisと呼ばれるブーツキャンプのアドバイザーになるよう申し出た。そのミッションは、日本のソフトウエアエンジニアリングを世界標準まで押し上げることと、日本の企業がMunidasaさんを見習って変化するのを手伝うことだ。

 

🙈記事によりますと🙉

この記事で話題になっているプログラミングスクールCode Chrysalis(コードクリサリス)創設者出井氏によると、

日本は「ものづくり」製造(manufacturing)に力を入れすぎて、人工知能やロボット、機械学習などで遅れをとっているとのこと。

 

日本の企業は伝統的にソフトウエアを付加価値を与えるものとしてではなく、経費削減の為に使う物としてとらえてきた。よって、プログラマーの給料は約平均40,000ドル程で、アメリカの半分くらいだと言われている。

Code Chrysalis(コードクリサリス)は、シリコンバレーのトレーニング方法を、日本のゆっくり変わる(slow-to-change)会社文化に持ちこんで、その現状を変えていこうというもの。

Code Chrysalis(コードクリサリス)は昨年6月に開講して、12週間コースの卒業生12人の卒業生がいるが、卒業生の年収は平均80%も上がったとのこと。

ITのリクルート会社Computer Futuresによると、日本のエンジニアは不足していて、エンジニア1人に対して、平均2.3の求人があるとのこと。

出井氏によると「日本は、ポストインターネット時代においても、なお商品生産に力を入れすぎた。このCode Chrysalis(コードクリサリス)は、小さいけれど大きな影響力を持つだろう。」と日本の遅れているIT教育に新たな風を吹き込む意気込みである。

この教室の特徴の一つは、授業を英語で行うこと。プログラミングをするにあたって、英語がわからなければ最先端(cutting-edge )のツールを使うのに大きなハンディになる。よって、Code Chrysalisでは英語による授業を行っている。

Code Chrysalisは、高いレベルの人をターゲットにしている。申し込み者の80%は入学不合格とか。その中には、英語力が足りないことで入学できない人もいるので、その人たちのために4週間の英語コースも設けている。

🐷そう言えば🐷

大学進学や就職を考えている人にとっては、将来どの産業に就職したらいいのか考えますよね。時代によって、産業構造が変わるので、どの職業が「流行っている」「みんなの憧れだ」「待遇がいい」のかは時代によって微妙に変化してきます。いわゆる自分にとって何が「有利」なのかは、世の中すごいスピードで変わっていってるので本当にわからない感じです。このCode Chrysaliができた背景を見ても分かるように、今は、産業構造は本当に大きく変わってきているのでしょう。波に乗るためには的確な変化が求められるのでしょうか。確かに、日本は今のままでは、世界に後れを取るのかもしれません。

このプログラミングのブートキャンプ。面白そうですね。昔、「ブートキャンプ」って、体をめちゃ鍛えるDVDありましたよね。あんな感じで、ガンガンプログラミングを教える教室なのでしょうか?行ってみたいです。

今日もお読みくださりありがとうございました。
一緒に英語の勉強をがんばりましょう💯✍



本サイトが紹介されました!

えいごログ

最近の記事

  1. 瀬戸選手・不倫を認め謝罪【英語で読んでみよう】
  2. 新型コロナの給付金で差別・風俗業者が提訴
  3. マスクの専門店・八重洲にオープン
  4. 塩害に強いイネの品種を開発
  5. マスクを着けなかったら墓を堀る罰(インドネシア)
  6. 100歳以上の人口8万人を超える【英語ニュースで読む】
  7. 菅氏・海外で「イチゴ農家の息子」「謙虚」と紹介される
  8. US西海岸の深刻な山火事の原因は?
  9. 西海岸・山火事・同時に多発し消火困難
  10. 大坂なおみ選手・全米オープンで優勝
PAGE TOP