Europe

Great Barrier Reef: 30% of coral died in ‘catastrophic’ 2016 heatwave

グレートバリアリーフ:2016年の破滅的な熱波により30%の珊瑚が死んだ。
20.Aprl.2018 The Guardian

The Guardian(ガーディアン)はイギリス大手の新聞。無料のニュースもWebで公開していますので、ご覧になってみてください。


【タイトルを読み解こう】

Great Barrier Reef: 30% of coral died in ‘catastrophic’ 2016 heatwave

 

ここで、すぐ分かるのは30%ですね。何の30%なのかと言うと30% of coral とあります。coral30%がどうしたのかという話題のようです。で、coralって?読んでみてください。コーラルです。コーラルとは日本語にもなっていますよ。コーラル、コーラル…思いつくのは、コーラルピンク!コーラルピンクというのは、珊瑚礁のような感じのピンクのことです。ちなみに、赤珊瑚のようにより赤みを帯びた色をコーラルレッドと言うらしいです。よって、コーラルとは、珊瑚のこと!

つぎに、coral diedときています。die died died (死ぬ)(死んだ)で、coral diedで「珊瑚が死んだ」となります。

つぎの、catastrophicこれは少し難しいですね。読んでみましょう。キャタストロフィック。日本語でもキャタストロフィーって聞いた事あります。キャタストロフィーとは、カタストロフィーとも表現されますが、大惨事とか破局とか大変動。ここではcatastrophicとあり、形容詞的な感じです。日本語的には、「カタストロフィー的な」みたいな感じです。で、‘catastrophic’ 2016 heatwaveは、大変動的な2016年のheatwaveとわかります。heatwaveは、heat(ヒート)=熱い、wave(ウェーブ)=波。

以上より、おおよそ,

2016年の破滅的な(catastrophic)、暑さ(heatwave)で30%の珊瑚礁(coral)が死んだ(died)。という事が書いてあるのだなとわかります。

Great Barrier Reef: 30% of coral died in ‘catastrophic’ 2016 heatwave

グレートバリアリーフ:2016年の破滅的な熱波により30%の珊瑚が死んだ。

 


【今日のVocabulary】

chronicle:【krάnɪklニクル年代にのせる、記録にとどめる
mortality:モーリティ:死亡率・死亡
coralーラル:珊瑚


【今日のSentence】

Scientists have chronicled the “mass mortality” of corals on the Great Barrier Reef, in a new report that says 30% of the reef’s corals died in a catastrophic nine-month marine heatwave.

Scientists have chronicled

科学者たちは、記録した

the “mass mortality” of corals on the Great Barrier Reef,

(大量の死、グレートリーフの珊瑚の)

 

in a new report

(新しいレポートの中で)

 

that says 30% of the reef’s corals died

(30%の珊瑚礁が死んだと言います)

 

in a catastrophic nine-month marine heatwave.

(破滅的な9ヶ月間の海中の熱波で)

Scientists have chronicled the “mass mortality” of corals on the Great Barrier Reef, in a new report that says 30% of the reef’s corals died in a catastrophic nine-month marine heatwave.

 『科学者たちはグレートリーフの珊瑚の大量の死を新しいレポートの中で記録しました。そのレポートには、30%の珊瑚礁が破滅的な9か月の海中熱波により死んだとされています。』


【記事によりますと】

この研究は、Hughesさん(珊瑚礁研究所のARCのディレクター)によって、Natureに発表されたそうです。

彼は、海中温度の上昇と珊瑚の脱色(白化現象)や死滅との関係を調べているそう。2016年の海洋熱波は歴史的にも最も影響が強いもので、珊瑚へのダメージひどさにはは研究者ですら驚かされたそうです。珊瑚礁は熱で脱色(白化現象)してしまっても、海洋温度が下がっていけば次第に回復していくものですが、2016年の3月から11月の海洋温度の上昇で、グレートバリア一帯で30%の珊瑚が死滅したとのことです。また、Hughesさんは、その死滅の速さに驚いたとのこと。「2016年の3月の高水温のおかげで、たったの2から3週間で珊瑚礁の3分の1は死んでしまった」とのことです。これは、珊瑚と共生している生物が死滅するという要因も原因のひとつとのこと。

研究者によりますと、珊瑚の種類によって、熱に比較的強いものと、すぐに熱で死滅してしまうものと、性質がいろいろとあり、この海中温度の上昇は、珊瑚の多様性をも壊してしまうとのことです。

“The Great Barrier Reef is certainly threatened by climate change, but it is not doomed if we deal very quickly with greenhouse gas emissions. Our study shows that coral reefs are already shifting radically in response to unprecedented heatwaves.”

「グレートバリア―リーフは、確実に気候変動に侵されています。しかし、もし私たちが温暖化ガス放出に素早く対応すれば、それはまだ悲観的ではありません。私たちの研究は、かつてない熱波に珊瑚礁は急激に反応していることを示しています。」とHughesさんは言います。

 

そう言えば

グレート・バリア・リーフGreat Barrier Reef)とは、オ―ストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯のことです。2600kmを超える長さに2,900以上の暗礁群と約900の島があります。珊瑚礁は宇宙空間からも確認できるほどで、生物が作り出した単一の構造物として世界最大だそうです。1981年に世界遺産(自然遺産)に登録されました。

今日もお読みくださりありがとうございました。
一緒に英語の勉強頑張りましょう。

最近の記事

  1. NASAの日本の台風の写真
  2. 千葉県犬吠岬
  3. 福島のさくらんぼ
  4. alphablocks
  5. アメリカの銃乱射事件
  6. アメリカでA型肝炎が流行っている州

関連記事



本サイトが紹介されました!

えいごログ

おすすめ記事

  1. 新型バービー人形は、ロボットエンジニア。プログラムミング教材…
  2. 空飛ぶ車・東京オリンピックの聖火点火に
  3. はやぶさ2、小惑星リュウグウに着陸
  4. US Museum Shows History of Tee…
  5. アメリカ・マリファナから抽出したエピディオレックスを薬として…
  6. Great Barrier Reef: 30% of cor…
  7. シャットダウンでアメリカ経済30億ドルの損失
  8. 歴史的な米朝首脳会談・朝鮮半島の非核化で合意・詳細はまだ
  9. 日本の是枝がカンヌのパルムドール賞を『万引き家族』で受賞した…
  10. 8人の救出されたタイの少年・健康状態良好。残るは5人
PAGE TOP